鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
今日は、死産の時、とてもささえてもらった本についてのつぶやき。
退院してからすぐに、友達の友達からいただきました。

友達の友達、はっきりいってしまえば、まだ他人の関係。
会ったこともなく、話したこともない方。

流産、死産を経験した人が、たとえ仲良しの友達だとしても、
私ならなんて声をかけていいのかとまどってしまいそうなのに
見ず知らずの私に本をおくってくださった方。

そのコトにちょっぴり驚きながら、ページをめくった途端、
私は泣き崩れました。

120629_05.jpg
「おとうさん おかあさん 悲しい思いをさせてごめんなさい」

自分を責めないように。運命だったのだから。しかたないことだったのだから。
それでも自分を責めてしまう日々の中、まさかのベイビからの謝罪のコトバ。

ベイビに許されたかのような錯覚に、癒されたのは事実でした。 

more

これは、「私があなたを選びました」で有名な産科医、鮫島浩二さんによる本です。
この本を私は、第一子妊娠中に読みました。
妊婦におススメの本として、大人気だったように思われますが、
実は、私にはちっとも響かなかったんですねー。

妊娠への戸惑い、体の変化、出産への不安で悩む妊婦さんをターゲットとして
書かれているような内容だったので、私の心情とビミョーにズレていたのかな。

妊娠を知って不安に襲われるというより、単純に嬉しかったし。
ちゃんと産めるのか、気にはなっても
悩んでいたってしょうがない!という、行き当たりばったりな性格だったし。
つわりも酷くなかったし、お腹の子をうとましく思うこともなかったし。
お酒もタバコもコーヒーも、別に頑張って我慢したわけでもないし。
ベイビに地球のすばらしさを教えるために散歩したというより、
体重増加で看護師さんに怒られて、歩いた感じだったし。

それに、「私があなたを選びました」といわれると
ずっとコドモを授かれない人にとって「選ばれない」ことがつらいという声も実際にきいていたし。
流産、死産を経験すると、一層、心につらく響きそうな言葉だし。



でもね、「天国郵便局より」にはヤラレました。
私がターゲット、ど真ん中だったからでしょう。
多分、違う観点で読んでみると、また色んな感情になるのでしょうが、
ターゲットの私にとっては、その内容がたとえ架空の絵空事だとしても
癒される言葉が十分に散りばめられていました。

神様から、おとうさんやおかあさんと一緒にいられる時間は短いといわれていても
少しでも一緒に過ごしたかったから。あなたたちの子どもになりたかったから。

「私は永遠にあなたたちの子どもです
 そのことをわたしは誇りに思っています」

ベイビのことを、これからあまり人に話すことはないでしょう。
私たちは5人家族だと思っていても、他から見れば4人家族でしょう。
そんな私も、これから時間の経過とともに、ベイビのことを想う時間は減っていくでしょう。
ベイビの存在は、私たち家族の頼りなげな記憶の中でしか存在しなくなるでしょう。

生きて生まれることもできなかったベイビのことを、いつまでも振り返るのはよくないかもしれない。
その想いを封じれば、もっと心がシンプルになるのかもしれない。
でも、封じた想いのその先は、まだよく分からない。

分からないことだらけだけれど…

「私は永遠にあなたたちの子どもです
 そのことをわたしは誇りに思っています」

その言葉に、私がひとときでも救われたのは事実です。




でも、この本は想像以上に、ムスメをいやしてくれました。
私がこの本を読んでいると、「これ、リカちゃんじゃない?」と
ムスメには、本の内容がすぐに分かったようでした。

まだ赤ちゃんなのに、ひとりでちゃんとお空にたどりつけるのかな。
私たちが日本に帰ったら、一緒にちゃんとついてこれるのかな。
お空でひとりぼっちで寂しくないかな。

そう思っていたムスメにとって、リカちゃんが元気そうにしている姿をみて
本当にうれしかったようでした。
心の底から、安心したようでした。

「お花がいっぱい咲いているキレイなところだね」
「神様がいるからだいじょうぶだね」
「動物やお友達もいっぱいいてよかったね」


それでもやっぱり解決されない疑問が。
「お空でリカちゃんに会ったら分かるかな」
「リカちゃんもおばあちゃんになるのかな」
「おばあちゃんになってたら、会っても分からないかもしれないな」

大丈夫。きっと分かると思うよ。
分からなかったら、神様にきいたらいいしね。


みんな、いっぱいありがとう。
テーマ * 日記 ジャンル * 日記

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。