鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
また、すっかり時間があいてしまいました。
ご心配いただいた方々、ありがとうございます。生きてます。
ツワリもすっかりおさまって、といいたいところですが、
相変わらず夜は不調で、吐いたり吐かなかったり。
ただ、吐くと翌朝があまりにも空腹で、
朝昼と鬼のように食べて、また夜に吐いたりと
限りなく胃に優しくない生活を送っている今日この頃です。

前回の検診で、羊水検査について悩みに悩み、
血液検査の承諾を一度はしたものの、やっぱり次回の検診で断ろうと思っていたら、
その検診でいわれちゃいましたね。

「血液検査の結果がでました。70%なのでタマダー(普通)よ。
 羊水検査はしなくていいわよ」

ぐは。もう、ヤラレちゃってたよ。

ま、タマダーということで、特に気持ちが乱されるということもなく、
先生もやりたかった検査ができて、お互いに一安心!?
そういえば、日本でのボーダーラインは1/300以上が陽性という判断だったなと思ったけれど、
1/300=0.0333333… 一体、何が70%なのか。
ま、よく分からないけれど、タマダーなので、きっとタマダーなのでしょう。
心は穏やかです。

で、この時、3月末の検診は、家族みんなで一緒にベイビをみてみようということで
夫と子供たちを引き連れて、みんなで一緒に超音波映像の観察会。

「わー! 赤ちゃん今、手を振ってくれたね」
「今、おしゃぶりしてるよ!」
「心臓がドキドキしてるね!」
そんな感じで、ムスメは初めてみる映像にくぎ付け。

「今は200グラムくらいですね」
「じゃあ、おっきなハンバーグくらい?」
ムスコはムスコなりに、関心を持ってくれたようで。

ただ、この時、いわれました。
胎盤の位置が低めなので、重たい荷物はもたない。
走らない。動作はゆっくりゆっくりね。

そして、4月に入ってからの5度目の検診でも、同じことをいわれました。
もうすぐソンクラン休暇になるけれど、家でゆっくりね。
食べて寝て、食べて寝て、ゆっくりゆっくり過ごしてね。

ま、いつもいわれてることだよね。
少しだけ心に留め置き、タイは4月の大型連休、ソンクランに突入。
我が家は何も考えずに、いつものごとく旅にでたのでした。 

more

一応、今回は夫なりに私を気遣っての、ゆる~い妊婦用プラン。
日本での鉄旅のように分刻みのスケジュールで、ホームからホームへダッシュすることもなく、
ゆっくりのんびりと、カンボジアやらシンガポールやらマレーシアをうろうろと。
のはずだったんだけれど、振り返ると、色々なハプニングもあって、結果的にはかなりハード。
下痢やらたび重なる嘔吐を乗り越え、今、無事に戻って来れたことが奇跡のようです。

帰国した翌日、16日の検診で、母子ともに元気だといわれてホッとしたのだけれど
で、その検診では、詳しくお腹の中をみるということで、
専門の先生がいつもより念入りにベイビの様子を見てくれていたのだけれど
今回、衝撃的単語を耳にしました。


●placenta previa totalis
 全前置胎盤

前置胎盤とは、胎盤が子宮口、つまり赤ちゃんの出口をおおっている状態のこと。
それが一部であれば、普通は週数を重ね子宮が膨張するとともに、胎盤の位置も上昇し
問題ないことが多いらしいのだけれど、胎盤が子宮口をすっぽりとおおった全前置胎盤では
胎盤の位置がずれる可能性が低く、かなりの確率で帝王切開になるとのこと。

じゃあ、帝王切開すればいいやん!という簡単な話でもなく、
全前置胎盤の帝王切開だと大量出血の可能性がきわめて高く、
母体が出血多量で貧血になれば、赤ちゃんに酸素が送られにくくなり、
母子ともにかなりリスクの高い手術になることも多いそうです。

また、臨月の帝王切開まで無事にこぎつければいいのだけれど
子宮の膨張とともに、胎盤が傷ついて大出血する可能性が高く、
少しでも出血すれば、入院の可能性が高く、血が止まらなければ緊急帝王切開。
赤ちゃんの月齢が低ければ低いほど、助かりにくくなるので
そうならないよう、できるだけ赤ちゃんをお腹の中にとどめておかねばならないということ。
日ごろから安静を心掛けなければならないということ。


私は、そんな状態だったのに、自覚症状がないのをいいことに
野生動物を一目みようと、熱帯雨林のジャングルをうろついていたのでした。



ひぃっ!!!
これからは、絶対安静。



とりあえず、先生に確実にいわれたと思われることは、
●胎盤の位置が低い
●8ヶ月の時に、もう一度検査するけれど、
 その時にも低ければ、帝王切開になる
●少しでも出血したら、すぐに病院にくるように

ただ、専門用語が多いせいか、タイ語の先生も通訳が大変そうで、
お医者さんとのやりとりの難しい事といったら!

「子宮をとると、コドモが産めなくなります」
「え!? 帝王切開は子宮をとるくらい大変な手術になるんですか!?」
「いえ、子宮をとってもいいといういことです」
「それは、帝王切開のついでに避妊手術もできますってこと!?」
「婚約です」
「!?!?!? 先生がもうすぐ結婚するんですか? まさか今、雑談中?!」
「ちがいました。日本語だとなんていうのかなぁ」
「あ、卵管を結ぶってこと!? 出産のついでに避妊するかってこと!?
 それくらい簡単にできるってこと!?」
「いえ。大量に出血します」
「では、危険ってことですよね!?」
「自然分娩が危険だということです。
 タイ人は痛いのが嫌だから、帝王切開の人がたくさんいます。
 切り口も綺麗だから、大丈夫です」
「じゃ、帝王切開なら安心ということですね」
「そうです。たくさんの優秀なお医者さんが、あなたのことをみてくれます」
「え!? そんなにお医者さんがいるほど、大変な手術なんですか!?」

悶々。。。

そんなもどかしいやりとりの終わりに、先生は英単語を書いた紙を渡してくれました。
「これをネットで調べて、勉強しておいてください」
それが、placenta previa totalis。

帰宅してから、前回の羊水検査同様、ネットで調べてみました。
placenta previa totalis 全前置胎盤。
そこで初めて私は、前述したような内容を知り、
自分の置かれている状況の危険性をやっと理解したのでした。
前置胎盤は、妊婦さんの0.5~1%に発症し、
高齢妊娠、多産婦、多胎、帝王切開経験者などに多くみられるが
いまだハッキリとした原因は分かっていない。
もちろん、全前置胎盤でも出産まで出血せずに過ごせる人もいるけれど
早期に大量出血して死産となったり、母体も危ぶまれることもあるそうで。
ただ、いつ出血してもおかしくない状態ということにはかわりなく、
出血がなくとも、30週くらいから管理入院になることも多いとか。

一人目と二人目は、お気楽妊婦で超安産。
ふたりとも元気いっぱいで病気にかかることもなく、タイでまだ食あたりすることもなく!?
今までとっても楽させていただきました。
でも、今回はそう簡単にはいかなさそうですね。

でも、安静ってなんだろな。ずっと寝てればいいのかな。
パソコンをさわったりするのはいいのかな。
前置胎盤で検索すると、ホントに安静に!と書かれているものや
筋力を高めて胎盤をあげようという記事もあったり。
今度、先生にくわしく聞いてみなくちゃ。(詳しくきけるのか!?)
そういえば、出産までといわず、出産後まで色々と予定を詰め込んじゃってるよ。
もう少し、シンプルにスリムに。ゆっくりのんびり。

現在、私がツワリでヤラレテしまってから
午後だけメイドさんにきてもらって、料理以外の家事をやってもらっています。
(キレイなトイレで吐けるようになったのは、幸せ~)
こちらは、買い物もデリバリーしてくれます。
学校やら幼稚園やら習い事やら、すべてがバス送迎で、移動はすべてタクシー。
毎日、自転車をこぎまくっていた東京時代とは違い、
安静に過ごしやすい環境なのは、とてもありがたいです。

長かったソンクラン休暇がおわり、今日からムスメは幼稚園、明日からムスコは小学校。
慌ただしい日々のはじまり。でも、ゆっくりのんびりガンバロウ。
合言葉は、ギン、ノーン、ギン、ノーン! 食べて、寝て、食べて、寝て。
(妊婦の体重が20キロ超えてもマイペンライなタイで、
 私の体重がぐいぐい増えないことが、先生はいつも不満らしい)



そういえば、全前置胎盤の衝撃ですべてが吹っ飛び、重要なことを書き忘れていました。
女の子!!!でしたよ。

女の子を切望していたムスメは、一緒に遊べると大喜び。
性別には特に関心がないようにみえたムスコは、
「じゃあ、名前はうんこちゃんだ!」と自分のギャグ!?に大喜び。←アホ



元気に会えたらいいね。




●2012/3/24 17w3d のお会計 (単位はバーツ)●

70.00  Outpatient Medication
200.00 Lavoratory Investigation
402.00 GeneralMedical Equipment
150.00 Service OPD Charge
1200.00 Outpatient Care
198.00 Special Diagnostics Physician Services

2220.00 Total

●2012/4/10 19w6d のお会計 (単位はバーツ)●

403.00 Outpatient Medication
200.00 Lavoratory Investigation
150.00 Service OPD Charge
500.00 Outpatient Care

1253.00 Total

●2012/4/17 22w2d のお会計 (単位はバーツ)●

500.00 LavoX-ray
1000.00 Doctor's Fee
150.00 Service Charge

1650.00 Total
(15503.00 Grand Total)
テーマ * マタニティライフ ジャンル * 育児

 

 

Comment

 

こんにちは

大変な事態になってたんですね
おなかのなか・・・・・・・
安静って そう なにを基準にしていいかわからなかったですよねえ

私も入院時に「大出血の恐れがあるから絶対安静!」って言われたかと思ったら、
「血液検査するから自分で歩いて2階の検査室に行ってくれる?」と 長々とあるかされた記憶がありますよ なんなんだと思いましたが(^^;)
その時はね赤ちゃんのほうの問題で
大出血とか以前に流産してしまったんですけど・・・

くれぐれも おだいじにしてくださいね


それにしても 息子さんのギャグ
さすが小学生ですねえ~

NAME:Jam | 2012.04.24(火) 09:44 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2012.04.25(水) 10:28 | | [Edit]

 

>Jamさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
また、今週寝込んでしまいました。やっと浮上しました。
タイ語のひとつも覚えることなく、無意味に時が流れていく~;;
Jamさんも大変な経験があったんですね。
コドモが元気に生まれてきてくれる、
元気に育ってくれるということが
あらためて、ありがたいことなんだなぁと実感しました。
ムスコの嬉しそうなギャグ、最近はもう相手する気力がありません(笑)


>鍵コメさん
ありがとうございます!
元気に生まれてきてくれたらいいなぁ。
もう、ホントにそれだけです^^

NAME:万梨 | 2012.04.29(日) 11:36 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2012.05.12(土) 14:06 | | [Edit]

 

久しぶり~♪元気そうで何よりです(^^)v
女の子なんだね♪楽しみだわ♪
うんこちゃん?!・・・

前置胎盤・・・私も下の子のときそうだったよ。
陣痛がはじまるまで普通で産めるか帝王切開になるかわからないといわれ・・・
上の子を産んだ産婦人科では、危険だから病院をかわってくれと言われ・・・
検診の度にブルーになっていたのを思い出すよ。

結局普通に産めたんだけどね(^^)v

私の場合、微妙に数ミリずれていて子宮口が広がると同時に上のほう(出口とは逆のほう)に上がっていく可能性があると言われていたんだけど、運よくそのとおりになってくれたみたい。
出血も普通だったよ。

同じころ同じ症状のお友達がいたんだけど、彼女は早々に帝王切開でと診断され、切開していたな。(紀子さまもそうよね)

二人とも無事に生まれ、すくすくと大きくなって今では元気な年長さん♪♪

まりさんも無事に産めるといいね
がんばれ!!
応援してるよ!!


タイの写真ナイスだね!!
ぞうに、さるに、遺跡に☆

楽しみにしてるね♪
ただ妊婦なんだから気を付けてねぇぇぇ(笑)

NAME:ゆこゆこ | 2012.05.25(金) 10:24 | URL | [Edit]

 

>ゆこゆこさん
も!前置胎盤ぎみだったとは。。。
直前になるまで、診断しにくいんだね。
でも、最後には上にあがってくれてよかったね。
ムスメちゃんも、頑張ったんだねぇ^^

私もこれからどうなるのかさっぱり分からないけれど
もう、元気に生まれてきてくれたらいいと願うばかりデス。
あらためて、普通に元気に産まれるって、スゴイことだったんだなぁ。。。

NAME:万梨 | 2012.05.25(金) 16:18 | URL | [Edit]

 

私、昨年全前置胎盤で出産しました。
26週で少量出血により入院、32週で再度出血し、
緊急帝王切開でした。
私の場合、出血が7リットル近くなって
子宮摘出になっちゃったけど、
大学病院で、医師がたくさんいたので、無事生還でした。
子どもは32週だったけど、新生児小児科の先生は、
28週超えてたので、大丈夫と太鼓判。
確かに生後2ヶ月くらいまでは色々悩んだけど、
1歳4ヶ月の今は、問題なくすくすく成長しています。
タイは医療が進んでいるし、
日本人が出産するような病院だったら、
日本の大病院と代わらないと思うので、
どんと構えて安心してください。
あと、絶対安静にしてください。
私も「安静」って言われても
どの程度安静にするべきか分からなかったんだけど、
下着にちょっと血がついてくらいで緊急入院した後は、
病院内は車椅子での歩行のみ許可で、
それも1日1回15分のみの許可でした。
同じ全前置胎盤で、
排泄もベッドの上と言うレベルの安静の子もいました。

NAME:全前置胎盤 | 2012.06.13(水) 11:22 | URL | [Edit]

 

>全前置胎盤さん
力強いお言葉、ありがとうございました!
コメントいただいた日に、ベイビの心音がとまっていることに気づき、
もっともっと安静に過ごしていたらよかったのか、
前置胎盤が関係あったのかどうか、今となってはよく分かりませんが
全前置胎盤さんのお子様が、今元気にすくすくと育っていること
私も嬉しく思います。みんなみんな生きていることが奇跡だと思います。
上の二人のコドモ達が元気にうまれてきてくれたこと、
そして、三人目のベイビが私の身体をまもってくれたことに感謝したいと思います。

NAME:万梨 | 2012.06.22(金) 22:57 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。