鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
先週末は我が家に、夫の同僚が20人ほど集まったり、義両親がやってきたり、
夫の友人家族を3組ほど呼んでの同期会だったり、
ムスメの運動会だったり、ムスコのサッカーの試合だったり、
もう、何やらかんやらあって、空いた時間はほどんど布団に倒れこんでおりました。
食事もとらず、風呂にも入らず、家事育児すべてを夫に丸投げで(ゴメンよー)、撃沈。
昨日今日で、ようやく浮上してきたような気がします。

前回の更新から随分と間があいてしまいました。何の話をしていたんでしたっけ。
そうそう、タイで出産する時の病院選びのお話でした。


いざ、タイで出産。だからこそ日本語の通じる病院サミティベートで産む気満々だったら、
まさかまさか、夫とタイ語の先生の陰謀により!?ローカルな病院に行くことになりました。

「ダイジョブですよー! 私、病院に一緒いきますから!」
「でも、毎回って、これから半年以上、月に1~2回行くんですよ」
「ダイジョブですよー! 私、病院行くの好きなんです!」
「でも、検診は大丈夫でも、肝心の出産の時はいないかもしれないでしょう」
「ダイジョブですよー! だって、3人目でしょ?」
こぉんな感じで、なぜかヤル気満々のタイ語の先生と

「日本人やからサミティベ!ちゅうんは、俺もオモロないなぁ思っとったんや」
というお気楽な夫にのせられ、とりあえずは行ってみることに。

その名はテプタリン。
一応、事前に少しでも情報収集をと思ってググったところ、ヒット件数なんと1件。
しかも、ニュース。提携やらの話で、産婦人科の様子、ちっとも分からず。
もちろん、HPもあるちゃんとした病院で、英語で入力するとヒットしまくりますが、
その病院がどんな感じなのか、日本語で読みたいじゃないですか。
日本人が日本人の視点で書いたものを知りたいじゃないですか。

こんなに日本人あふれるバンコクで、私は日本人未踏の地で産もうとしているのかしらん。 

more

ま、とりあえず、一度は体験してみましょかねー。
ということで、タイ語の先生と一緒に行ってみると、
サミティベートとまでいかずとも、意外にもキレイで大きな外観にびっくり。
民間病院ということで、少しはお高いけれど、
事前にきいた大まかな検診やら出産費用は、サミティベートよりはるかに親しみやすく。
実際、タイの公立病院だと、もっともっと安いのだけれど、
古いし長時間待たされるという噂。待っている間に生まれちゃうという噂。
さすがに、そこらへんを配慮してくれての、先生の病院紹介でした。
タイ人はセンを大切にすると、よくいわれます。
センとは、日本語に訳すと線、つながり、人との関係。
テプタリンで、タイ語の先生の知人が働いているということだったので、
「タイ語のしゃべれない日本人が来たぞ。ぼったくってやれ」
「自然分娩でもいけるけど、儲かるから帝王切開しちゃう!?」
みたいなコトにはならなさそうで、まずは一安心。
(↑イヤな噂、吹き込まれ過ぎ!?)

あと、テプタリンへの道が渋滞しないというのも好印象。
スクンビット界隈は、本当に渋滞がひどく、
普通なら車で10分もかからない道のりが、30分以上かかることもよくある話で
首都高の盆暮れ正月並の渋滞が、雨の日の金曜日の通勤ラッシュなどには起こります。
つまり、陣痛がきたときに、渋滞していたらどうするか!?

1. 車と車の間スレスレを縫うように走るモーターサイ(バイクタクシー)にのって、
  満面に排気ガスを浴びながら、命の危険をひきかえにする!? (←本当にコワイ)
2. タクシーの中で生んじゃう

でも実際、タクシー出産というのはよくある話らしく、バンコクの警察官は
赤ちゃんを取り上げられる人が多いのだとか。
実際、40回以上もタクシー出産に立ち会った警官がニュースになっていましたしね。
おまけに出産に立ち会ったタクシーは縁起がいいらしく、喜ばれるのだとか。

イヤイヤイヤイヤ、病院でウミタイヨ。

ということで、テプタリンなら私がコミュニケーションをとれないということ以外、大丈夫そう。
(それが一番大事だという話もあるけれど)

では、勇気をだして受付へ。
タイ語と英語表記の受付票をわたされ、名前やら住所やら国籍やらを書いたら
ペンがとまってしまった私を見かね、先生がさらさらと書いてくれました♪

ロビーはガラガラだったので、そのまま診察室へ。
先生は、サバサバした親しみやすそうなオバチャン先生。(私も十分オバサンだけど、もっと年上)
最終月経日や、一人目と二人目の出産時の様子、母乳かミルクかなど
日本と同じような問診があり、その後、私は先生の叫び声をききました。
「オォっ! ジーンっ!!!」
それからも、キャンキャンとよくしゃべる先生で、一体何を話していたのかを後できくと、
私の服装がジーンズだったことが問題らしく、妊婦はもっとゆるい服装をとのこと。
だって、その時はまだお腹出てないんですよ。激ムカの激ムカ、吐き倒していた頃ですよ。
あと、私の動作が早いので、もっとゆっくりと動けとのこと。
ベッドに寝る練習と起き上がる練習まで、させられちゃいましたよ。
先生にはとてもいえませんね。市場と排気ガスの匂いがダメで
駅までの道のりを、驚くほどの早足で歩いているということは。。。
あと、一人目と二人目の時の体重増加が10kgは軽すぎるいうことで、
ツワリが終わったらもっとしっかり食べなさいとのこと。
いや、日本だと10kgなんですよ。あまり太ると看護婦さんが怖いんですよ。
あと、重い荷物は持つなとか、ゆっくり休めとか、早く寝ろとか、云々。
コーヒーに紅茶にお茶も一切禁止。でもジュースはいいのだとか。
あれ。少し日本と違いますね。お茶類は一日一杯くらいなら許されませんでしたっけ?
むしろ、ジュースは糖分のとりすぎで控えるように、、、だった気が。
こちらの赤ちゃん、小さい頃からごくごく果汁飲んでますからね。
やっぱり、果物が豊富にとれる国だからですかね。
ま、そんな私への注意事項を、タイ語の先生にキャンキャンと伝えていたようでした。

で、混んでいないので、驚くほどゆっくりと超音波。
「ここが、足。ここが頭。ほら、心臓が動いてる…」
このタイ語は聞き取れましたね。やっぱり、超音波をみると、感動しますね。
ハハがこんなに吐き倒していても、元気に生きていてくれてアリガトウ。

最後に、きいてもらいました。
「私、タイ語がしゃべれないんですけれど、出産時、もし一人でも問題ないですか?」と。
すると、「マイペンライ!(大丈夫)」とのこと。
「だって、3人目でしょ」 ここでも3人目の呪縛が。。。もう、そんな昔のコトは忘れたよ。
「それに、もしもの時はきっと喋れる状態じゃないから」

…。
ま、そうかもデスね。3人目の生命力に期待デスね。



●2012/2/9 11w1d のお会計 (単位はバーツ)●

95.00  Outpatient Medication
402.00  General Medical Equipment
150.00  Service OPD Charge
1200.00  Outpatient Care
198.00  Special Diagnostics Physician Services

2045.00  Total

サミティベートの初診7945.5バーツより、はるかに親しみやすいお値段でした。
テーマ * タイ・バンコク ジャンル * 海外情報

 

 

Comment

 

お元気そうで何より!
ただでさえ病気などとはまた違う不安が伴う出産。
異国で。しかも言葉の壁を乗り越えての通院、出産、
その勇気に恐れ入ります~♪( ´θ`)ノ
素晴らしき経験になるね♬

NAME:Miwa | 2012.03.03(土) 23:03 | URL | [Edit]

 

>Miwaさん
どうも、ありがとうデス!
言葉の壁は乗り越えられるかどうか微妙だけれど
タイ語の先生もサポートしてくれることだし!?ガンバってみます。
素晴らしい経験になるといいな。(←切実なる願望)

NAME:万梨 | 2012.03.06(火) 16:34 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。