鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
110911_005.jpg
一夜明け、チェンマイ駅へ。
飛行機で帰れば、バンコクまで一時間。
本当なら、まだまだチェンマイ観光がたっぷりできるはずなのに、
きしゃで帰ろうとしたりするから、そういうわけにもいかないもどかしさ。

チェンマイ発8時45分、バンコク着20時25分。
日本なら、新幹線で約2時間半のところを11時間近くかけて。
特急スプリンターという、速そうな名前なのに、そんなには速くないきしゃにのります。

110911_048.jpg
出発前の清掃では、ホームが滑りやすくなったり、水しぶきがかかったり。
そんなアナログ感が少し嬉しくもあったり。

110911_066.jpg 110911_067.jpg
でも、こぉんなアナログな風景が途中駅で何度も見られて、夫はムスコ以上に大興奮。
確かに日本では、なかなか見られないので、11時間の頑張りは報われるかもしれません!?
(日本でタブレット交換をわざわざ見に行った記事は、コチラから) 

more

110911_085.jpg
タイのローカルな景色を

110911_086.jpg
特急感のない穏やかな走りで、

110911_089.jpg
のんびりと楽しめるスプリンター。

11時間もね!



110911_124.jpg
陽が落ちてきた頃、昨日寝台列車が遅れた原因の増水地帯に近づいてきました。

110911_128.jpg
寝台列車が通過したのは夜だったので、初めてみたその光景。
家がつかりながら、人々は洗濯をし、舟で移動し、普通に暮らしているように見えました。
タイは毎年冠水するから、慣れているんだなぁ…その時の私は思いました。

110911_144.jpg
そして夕方6時を過ぎる頃、ついにきしゃがとまりました。

110911_143.jpg
駅と駅の真ん中で。

突然、動けなくなったという感じではなく、進めるところまで進んでとまったという感じ。
スプリンターの名とは反対に、増水地帯はきしゃが超のろのろ運転だったので、
バンコク着20時25分は、すっかりあきらめていたけれど、
まさか、こんなところで立ち往生!?今日中に家に帰れるの!?!?!?

そんな私の不安をよそに、まわりのお客さんたちは冷静そのもの。
乗務員さんなんて、パソコンでゲームをはじめました。

立ち往生、まさか日常!?

あたりはだんだん暗くなり、「千と千尋の神隠し」の夜の汽車のシーンのような
それはそれは心もとなく、先の見えない不安なもので。

1時間はとまっていたでしょうか。
列車は静かに動き出しました。



バンコク到着は、3時間半遅れ、日付がかわろうとする頃でした。
え!?もちろん、翌日はコドモ達は学校ですよ。
ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ。

無事についてよかった。何事もなくてよかった。
でも、実際はこの後どんどん、事態は悪化したのだけれど。
洪水がこんなに長引くとは思いませんでした。
深刻な状況になるとは思いませんでした。
一刻も早い収束を、ただひたすらに願うばかりです。



最後に、スプリンター乗車中の15時間をささえてくれた、お食事風景を。
食事つきの特急って、なんだか素敵な響きですよね。(響きだけは…)

110911_051.jpg 110911_061.jpg
110911_121.jpg 110911_149.jpg
左上:チョコ風味薄めのチョコパイ(乗車直後、朝のおやつ!?)
右上:おかずこれだけ!?でもありがたい昼ごはん(ゆで卵とさつま揚げ二切)
左下:チョコ風味薄めのチョコどら焼き(3時のおやつ)
右下:カオマンガイ(晩御飯の鶏肉のせご飯、美味しいけれど辛い辛いソースつき)



【おしまい】
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

Comment

 

ニュースをみるたび 心配で心配で

一日も早く 平穏なときが 
chibiromanさまご家族の上に
タイ国民の上に 
訪れますように

今年は 自然の脅威を何度も何度も思わされますね

NAME:Jam | 2011.10.28(金) 08:39 | URL | [Edit]

 

>Jamさん
コメントありがとうございます。
バンコクに水がくるといわれ、一ヶ月。自宅はまだ平穏ですが、こんなに事態が長引くとは、、、
日本では明日から学校にも通い、日常生活がはじまります。日常生活が送れるって、ありがたいなぁ。
色んなところで、一刻もはやく、みんながいつもどおりに暮らせますように。。。

NAME:chibiroman | 2011.10.30(日) 12:27 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。