鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
SL冬の湿原号には、ブレーキ車なるものがついています。
「ブレーキ車って何?」
「そら、ブレーキをかける車両やろ」
急な坂道では、先頭車のブレーキだけで止まりにくいので
前と後ろの二台でブレーキをかけているのだそう。
もちろん、今は飾りでついているだけらしいけれど。
というわけで、夫とムスコはブレーキ車の探検へ!

しばらくすると、ムスコが興奮して帰ってきました。
「すごいよ!外が見えるんだよ!」
「どういう意味?」
「あぁ、ブレーキ車から外に出られるんや」

外!?もしかすると、テレビや映画でみたことがあるような、
列車の最後尾に人がいて手を振っていたりとか、
走り出した列車に飛び乗るような、、、そんな感じ!?
夫と交代し、さっそく私もムスコとブレーキ車の偵察へ。


090208_073.jpg
「こっちだよ!」
ムスコが扉をあけました。 

more

090208_058.jpg
外の冷たい冷気で、一瞬にして体が強張りました。
真下をのぞいてみると、手をのばせば届きそうな位置に線路が。
車輪の通過で、雪煙が立ち上っていて、
機関車の走る音、振動などがすべて、肌で感じとれるような臨場感。

窓ガラスごしではなく、目の前をリアルに景色が遠ざかっていきます。
通過する駅、駅にいる人々、踏切音、それらがなんだか走馬灯のように
一瞬で過ぎ去り、彼方へと消えていきます。
(いや、まだ走馬灯は未経験だけれど)


090208_067.jpg
カーブにさしかかった時、ふと前方をのぞいてみて驚きました。
あぁ、このアングルだ!
この角度って、テレビ番組などではよく目にするけれど、
なかなか自分では見ることのできないビュー!
あぁ、何だか旅番組にでも出ているかのような気分。

SLの吐き出すもうもうとした煙が、列車全体を覆っています。
ちょっと煙たいかも!?
確かにこのままトンネルに入ったら、死にそうだと、
昔のお客さんの気苦労を、勝手に想像してみたり。

その時でした。前方の小高い丘に、人だかりが。
よく見ると、みんなカメラを持っています。
撮影ポイントなんだ!でも、どこをどうやってきたのでしょう。

090208_063.jpg
山間に突然現れた人々。
その前を一瞬に通り過ぎると、彼らは私たちに手を振りながら
線路をまたいで、再び、反対の山間へと消えていきました。

すべてが一瞬の出来事。
その後も、そのような光景に何度かでくわし、
彼らが温かく手を振ってくれるので、ムスコは嬉しそうに振りかえします。


でも、ふと思うのでした。
もしかして、私たちがデッキにいなければ、
彼らは、哀愁漂うSLの去りゆく後姿を、バッチリ撮れたのではないかしら!?

ちょっぴり、複雑なキモチなのでした。
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

Comment

 

北海道には もうすぐ春が来ますね。
梅や桜や桃など一斉に花開くのでは?
短い春かも知れませんが それだけに楽しめる春でもありますね。
コメントありがとうございます。
ポチッしておきます、がんばりましょう。

NAME:ゆうこく | 2009.04.24(金) 12:30 | URL | [Edit]

 

SL、満喫しているようで、良かった良かった。外に出られるなんて知らなかったです。キーンと冷えた空気を感じられたのでは。もちろん、全てが雪に覆われた世界を温かい車内から眺める・・・というのもいいですよね!ただ、私、実はSL乗ったことがないんですよ。最近、夫が協力的なので、chibiromanさんちの旅を参考にして、いつかはと思ってます!それでは続きを楽しみにしています(^^

NAME:柚宇 | 2009.04.24(金) 17:36 | URL | [Edit]

 

>ゆうこくさん

こんにちは。
お越しくださって、ありがとうございます。

こちらの春は、短いので油断しないよう、
しっかり満喫したいと思います。

花はまだ咲いていないのですが、陽気だけはポカポカの日もあって
気分はすっかり春なのですけどね^^

NAME:chibiroman | 2009.04.25(土) 08:32 | URL | [Edit]

 

>柚宇さん

こんにちは。

SLは、何度か乗ったことがあるのですが、
外に出られたのは初めてで、少しコーフンしてしまいました。

でも、寒いので防寒だけはばっちりに!
といっても、これからあたたかくなりますね。
客車の窓をあけて、風が気持ちいい季節になりますね^^

NAME:chibiroman | 2009.04.25(土) 08:35 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。