鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
先日の私の四国記事を読んだ夫が、なぜかため息をついています。
「四国に足をふみいれた感動が、ちーっとも伝わってこん文章やったなぁ」
あぁ、そうですか。
「龍馬さんにしろ、秋山兄弟にしろ、正岡子規にしろ、漱石にしろ、
 過去の偉人は、みーんな舟で四国に渡ったんや!
 そして、今回は俺らも舟なんや!!!」
まぁ、確かにフェリーだったわね。
「海をわたり、だんだんと四国が近づいてくることに、何か感じるものはないんか」
というか、その時はアナタも私も寝てましたよねっ!!!
早朝5時に船をおろされ、寝た子と荷物をかかえながら
満員のリムジンバスに揺られ、目指した道後温泉では長蛇の列。
私の中では、眠気と闘いながらの四国入りでしたが、何か?

100504_029.jpg
話は脱線しましたが、次に私たちが向かった先は松山駅。
さすが「坊っちゃん」のまち。改札にいらっしゃるのは憧れの「マドンナ」です。

100504_030.jpg 100504_031.jpg
そこから、特急宇和海にのって宇和島へ。四国の左端を南下していきます。 

more

「瀬戸の花嫁」の発車音にちょっぴりウキウキした私。
「もしかして車窓から、瀬戸の花嫁が嫁いだ島がみえたりして」
「絶対にみえん!だって、あれは小豆島の話やろ。まったく反対側やろ」
「…」
まぁ、瀬戸を代表する発車音ということですね。


100504_032.jpg
到着した宇和島駅のホームには、おっきな鯉が泳いでいました。
こんな鯉をみたのだから、コドモ達は今年も元気にスクスク育ってくれるかな。

100504_033.jpg
ここからは、予土線の清流しまんと号にのって。
この解放感にワイルド感いっぱいのトロッコですが、ここからはまだ乗ることができず。
まずは牽引する気動車の中から、車窓を楽しみます。

100504_035.jpg
美しい田園風景がつづき、その向こうにみえるのは瓦屋根とそよぐ鯉のぼり。

100504_039.jpg
そして、なんといっても空の青と山の緑が映り込む四万十川の美しいこと!

そんな中、車内がなんとなくソワソワした空気に包まれます。
おっきなカメラをもった人々が窓際に移動しはじめ…
何かある!

100504_037.jpg
半家(はげ)駅でした。
半家駅から増毛(ましけ)駅への切符は、
髪の毛がこころもとなくなった方々に人気らしいですよね。
でも、その旅にでるのには覚悟が必要です。だって、増毛は北海道だから!!!
どんな風に列車を乗り継いでいくかを考えるだけで、一日中楽しめそうです!?
その増毛駅、我が家ももちろん行ったことありますよ。
ん!?私たちは増毛から半家にきたいうことは…!?夫、ヤバイかもしれませぬ。

100504_048.jpg 100504_045.jpg
十川駅から土佐大正駅まではトロッコに移動して。
車内アナウンスでなんだか色々なお話をしてくれるのだけれど
あまりの風音で、その声がまったく聞こえず。
でも、そんな時はテーブルに貼ってある地図で、よりいっそう楽しめる四万十川の旅。
いくつものトンネルをこえ、右に左に大きく蛇行する清流の美しさに、目が離せません。

100504_055.jpg
終点、窪川駅までのあっという間の2時間半の旅。

そうそう。途中に出会った絶景!?を書くのを忘れていました。

100504_042.jpg
それは、四万十川の風の中を気持ちよさそうにおよぐ500匹にもおよぶ鯉のぼりたち。

「最近は僕らぁが、大きくなったき、家で鯉のぼりを上げてくれん」
そんな少年の言葉をきいた十川体育会の方が
「おまんらあの鯉のぼりを持ってこい!おれらあが、まとめて上げちゃうき!」
といって、翌昭和49年に50匹程の鯉のぼりを、ロープを使いながら
川の上になんとか渡したのがはじまりだという「鯉のぼりの川渡し」。
(四万十町役場HPより)

今では全国各地から鯉のぼりがおくられてくるようになったそうで、
そんなみんなの願いがつまった鯉のぼりたちは、
四万十のキラキラと輝く水面の上を、ホントに気持ちよさそうに泳いでいました。

ちなみに我が家、今のところ、鯉のぼりは毎年飾っていますよ。
手のひらサイズなんですけどねーっ(涙)
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。