鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
090207_48.jpg
私たちは釧路へと向かっていました。
西の空が茜色にそまり、今日は車窓からの夕陽が楽しめそうです。

その時でした。
列車が何度か警笛を鳴らし、突然、とまります。
「ただ今、鹿をはねましたので、車両の点検を行います。
 しばらくお待ちください」

え!? 鹿はねちゃったの!? 

more

車内がざわつき始めます。
運転席そばに立っていた人が、やたらとカメラを構えていたと思ったら、
そういうことだったのか!

運転手さんは車両をひととおり見回った後、
書類をかくのでとても忙しそうです。
そして、なかなか列車が出発しません。
ひかれた鹿はどうなってしまったのでしょう。
頭の中が「?」でいっぱいです。


しばらくすると、再び、運転手さんが列車を飛び出し、後方へと走っていきました。
私も思わず、ムスコと車両後方にいき、事の成り行きを見守ることに。

20人にも満たない乗客のうち、私たちを含めた5~6人ほどが一緒に
後方窓ガラスにぴっとりと張りつき、野次馬状態。
そして、運転手さんはどこまでも走る走る。
豆粒くらいの大きさになるまで駆けていきます。

「ひかれた鹿、どうなったんでしょう?」
「即死でしょうね」
「え!? そうなんですか!?」
「今、運転手さんが、鹿を線路わきに放りに行っているんですよ」
「放置ですか!?」
「そうですね。キツネやカラスのエサになるんですよ。
 まぁ、家に持って帰って、食べちゃう人もいますけどね」

えーっ!食べちゃうんですか!!!
ただ、鹿をひくというのは、この路線ではよくあることらしく。。。
確かに、よく警笛を鳴らす列車だとは思っていたけれど、
それほど、鹿が線路に出没するらしいのです。

今までも時々、鹿の姿を遠くに見つけては「あ!鹿だ」と大騒ぎしていたけれど、
それどころの話じゃありません。
北海道の鉄道、まさに、大自然の中を走り抜けています。


事を終えたのか、遠くから運転手さんが戻ってきました。
その様子を野次馬達がいっせいにカメラにおさめます。
ほぼ、みんなして連写モード。
彼らのほとんどが一眼レフを携行しており、
さぞかし、運転手さんのいい走りが撮れたに違いありません!?

090207_55.jpg
私も一枚、安いカメラで記念にパチリ。
線路の上を、列車ではなく、運転手さんが走っている姿を見られるなんて
とても貴重な経験をしたけれど、
そのかわり、鹿さんが逝ってしまわれたのかと思うと、ちょっぴり複雑な一枚。

ナマダブ。


席にもどると、すっかり陽が落ちていました。しまった!
鹿に気を奪われていて、車窓から夕陽を楽しむのをすっかり忘れてた!!!
しかたないので、陽が落ちたあとのマジックアワーをしばし堪能。

090207_56.jpg
でもその後、山が少しだけ開けて、再び夕陽と遭遇。
タイムスリップしたようなお得感。
今度こそしっかりと、車窓からの夕陽を楽しんだのでした。


列車はもうすぐ、釧路へと到着します。
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

Comment

 

自分も昔、まさに同じような場所で、鹿をはねた国鉄に乗ったことがあります。
運転手さんと車掌さんが、飛び降りて走っていったんです。
「ただ今、鹿をはねましたので、…」
同じ台詞で笑いました。もう20年も前の話です。
昔も今も変わりませんね。

NAME:ぺえた | 2009.04.25(土) 01:00 | URL | [Edit]

 

>ぺえたさん

こんにちは。

ぺえたさんの時も、ひいちゃったんですか!?
やっぱり、昔から鹿をはねているんですね。

私たち野次馬以外の方々は、「あぁ、まただ」くらいにしか思わない、
よくある出来事だったのでしょう。。。

でも、こんな経験はもう、したくないですよね^^

NAME:chibiroman | 2009.04.25(土) 08:47 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。