鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
釧路駅からは、根室行きの快速に乗り継ぎます。
その名は、快速ノサップ。その響きとはうらはらに、なぜか一両編成。
再び、ほのぼのローカル列車。

でも、最近想います。この、ほのぼのローカル列車が、スゴイ!
運転席のとなりの窓から、なんと運転手さながらの車窓が楽しめちゃうのです。
そういえば、今までよく乗っていた他の電車はどうだったでしょう。
目的地につく手段としてしか考えていなかったので、
そんなもの、見ようとしたこともありませんでした。

でも、こんなローカルな場所で、
時にはトンネルや鉄橋をくぐり、北海道の雄大な平野や山間の中を
線路がどこまでも続いていくさまを、運転手さんの視線で体験できるのは、
本当にワクワクします。


090207_19.jpg
でも、自分一人で楽しむにはちょっと恥ずかしいので、
子供をダシにするのがポイント。

幸いムスコもムスメも、この車窓を楽しむのが好きなので、
窓に張り付いて、ずっと眺めています。
その子供たちにつきあう保護者という設定で、私も一緒に楽しんでみたり。 

more

「あ!鳥だ」
ムスコが叫びました。
まぁ、鳥くらい、どこにでもいるでしょう。
そう思ってよく見ると、なんと白鳥でした!
前回の旅、新十津川で見られなかった白鳥が、今、目の前にわんさかいます。


090207_15.jpg
しばらくすると、遠くの海に白い直線が見えてきました。
よくみると、それも白鳥!
そして、その白鳥は一列に並んで、車窓から見える海を二分しています。

注意してみると白鳥がいる手前と向こうで海の色が違う!?
つまり、手前はまだ凍っているので、
氷が溶けた海の境目に白鳥が並んでいるのです。

まさに、白鳥前線。気象業界にこのような単語は存在しないのかな。
白鳥前線が陸に近付いてくると、氷が溶けて春が近づいてきたというしるし!?

そんな車窓から見える海は、
まだ氷が張っていたり、氷の上に雪が積もっているところもあったり、
氷の厚さで海の色が段階的に変化していたりして、
白から青のグラデーションが多様に変化する、おもしろい眺め。


090207_20.jpg
列車は、根室駅に到着。これで、5つめの終着駅制覇です。
そこで、「日本最東端有人の駅」という看板を発見! 

「日本最東端の駅だって! 記念撮影でもする?」
「違う、日本最東端じゃない。『有人』で最東端の駅なんや」
夫から路線図を渡されます。
よく見ると、根室駅のひとつ手前の東根室駅が、
ぐいっと東にそりでていて、そこが確かに日本最東端。

ヤ・ラ・レ・タ。

「つまり、根室駅は日本最東端じゃないってこと?」
「そう」
「じゃあ、せっかくだし日本最東端の駅に行かないと!」
「いや、俺も行きたいんやけどさ、列車の本数がないから、
 降りたら最後、次の列車まで2~3時間は待たんといかん。
 
「待つ?」
「待てない」
「即答やな。ま、帰りの列車で、窓からしっかり見るのが妥当かもな」

ちょっぴりがっかりして、
「日本最東端有人の駅」の看板で、記念撮影する意欲も失せました。
でも、その向こうで、どこまでも続いていた線路が途切れたことを確認し、
ここが、終着駅であることを実感。
なんといっても、今回の旅の目的は終着駅。
駅看板を背景に、子供たちの写真を撮ります。

彼らも慣れてきたようで、
ムスコは駅看板の文字を隠さない立ち位置に自ら移動し、
ムスメもよくわからないまま、切符をもって、
最近、いつの間にか覚えたギャルピースでアピール。


とりあえず、根室駅制覇オメデトウ。
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

Comment

 

こちらのコメントでは初めましてですね。
北海道はまだ未開の地なのでこういう記事を見ると行きたくなります。
素敵な写真も沢山で雰囲気が味わえました。
去年日本最西端の駅に行って思わず感動したのを思い出しました~。

リンク貼っていただいてありがとうございました。よろしければこちらも晴らせて頂いてよろしいでしょうか?

NAME:カモメの駅長さん | 2009.04.19(日) 23:23 | URL | [Edit]

 

カモメの駅長さん、こんにちは。

素敵な写真といっていただけて、嬉しいです。
(大きなサイズだと、大してよくもないので
 小さいサイズで紹介して、イメージしてもらう意図だったり!?)

リンク、どうぞどうぞ。
夫やムスコの鉄道熱がさめたら、どうなってしまうかよく分からないブログですが、
これからも、よろしくお願いします。

NAME:chibiroman | 2009.04.20(月) 08:27 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。