鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
100212_16.jpg
三月になりましたね。三月といえば、別れの季節。
もうすぐ寝台特急「北陸」と急行「能登」が引退ですね。
一応、「北陸」のチケット争奪に夫は参戦しているようですが、いまだとれず。
ただ、私にとって「北陸」はほとんど知らないも同然で、
私なんかよりもっと想い出深い方に乗ってもらった方がいいと思うので
チケットはとれなくてもいいのかなーなんて思っています。

で、それはちょっぴり置いといて、
今日は私のボヤキです。

先日、 「宇仁田先生のボヤytalday」で当ブログを紹介いただきました。
こんな辺境に足を運んでくださったこと自体、本当にありがとうございます;;
うにた先生のブログはわたしもちょこちょことのぞいているのですが、
先生のマジボヤキは、スゴイんです。ガツンと心に響くのです。
特に誰に怒られることもなくなった環境の中、姿勢を正して読んでしまいます。
で、時々とっても美味しそうなレシピがのっているので、晩御飯の参考にしていたり^^
もし、みなさまが恩師の声を聴きたくなったら、(ならなくても!?)
宇仁田先生のブログに足を運んでみてはいかがでしょうか。
あの頃は理解できなかった言葉が、胸にストンとおちること、保証します♪


というわけで、私もたまにはブログでぼやいてみようかな、と!?
あ、でも、先生のようにカッコよくぼやくことができなさそうなので、
ただのつぶやき、もしくは愚痴!?になりそうですが。 

more

私、何を血迷ったか、最近モーレツにピアノを弾いています。
モーレツといっても、所詮、一日に1~2時間程度なのですが、
それでも、家事を犠牲にしながら!?ガンバッテ弾いているわけでございます。

ピアノは小さいころから高校3年生まで、細く長~く弾いていたので、
まったくの初心者というわけではありません。でも!
この「細く」長~くの「細く」の部分がポイントで、大して技量もない上に
ブランクというものは恐ろしく、昔弾けていた曲もさっぱり弾けず、
ちょっとやそっとの練習では指が動かず、弾いていてイライラします。

で、多分きっかけは随分前に流行った漫画の「のだめカンタービレ」なのですが、
それでまた埃をかぶっていたクラッシックのCDとかを引っ張り出して聴きはじめ、
ふと耳にとまった「別れの曲」。
あれ、この曲って、こんなに心に響く曲だったっけ!?
昔から曲自体は知っていたし、でもゆったりとした旋律は眠気をさそい、
「弾きたくなーい」なんて畏れ多いことをいって、素通りしてしまった曲。
でも!今聴くと、こんなに胸が痛くなるのはなぜなのーっ!?

ということで、弾きはじめてはや一か月。
なのに、いまだに右手さえも満足に弾けないのはなぜ!?
右手でふたつの旋律をひくのだけれど、ちーっとも音がスムーズにつながらない。
お互いの旋律に引っ張られて、重音が展開していく頃になると、もうズタボロ。
これに左手まで加わった日には一体…!?
胸が痛くなるどころか、気分が悪くなる始末。
弾いていてイライラするので、他の曲に浮気したりしていたら、
そっちの曲は何とか弾けるようになっても、「別れの曲」はさっぱり上達せず。

「別れの曲」は作曲家のショパンが
「こんなに美しい旋律をかいたことがない」と、
祖国ポーランドへの想いをこめたという作品。
だから、まぁ、私なんかがすぐに(永遠に!?)弾けなくても
当たり前かもしれないですけどね。

イライラのピアノとの日々は続きます。
でも、もったいないですよね。
せっかく「楽しい音楽の時間デス!」なのに、ね。


というわけで、最近、「北陸」や「能登」の文字をみると、
「別れの曲」のフレーズが勝手に頭の中に流れてきます。
「別れ」とひと口にいっても、その状況は様々ですよね。
その時、決して涙は見せないのか、静かに頬を伝うのか、号泣、慟哭するのか、
二度と振り返らないという決別、心にそっとしまうのか、想い出に寄り添って生きるのか…

で、この「別れの曲」の「別れ」は決して重苦しい感じじゃないのです。
別れは確かにつらく切なく、時には、叫びたいような衝動にかられるけれど、
胸が痛む和音の次には、光がさしてくるような優しい音色が必ず待っていてくれるのです。
だから、「別れ」たとしてもそのかけがえのない存在は確かに胸に刻まれていて、
それは一生消えることなく、また新たな一歩を踏み出せそうな、
希望ある「別れ」に聴こえてしまうのです。

別れは、新たなはじまりだといいますよね。
「北陸」や「能登」との別れが、みんなにとって、
そんなお別れになれればいいなー、なぁんて。


あくまで、そういう私は「北陸」も「能登」も「別れの曲」も大して知りません。
あしからずー。
テーマ * 日記 ジャンル * 日記

 

 

Comment

 

こんにちは

別れの曲、 ショパンの

残念ながらクラシックにはあまり詳しくはないのです・・・私も小さい頃エレクトーンを習っていたのですがクラシックではないので汗

ただ、記憶の彼方に・・・

この歌、なにかの映画(邦画)に使われてて・・・10代の女の子のお話で・・・
日本語の歌詞をつけて歌っていたと思うんです、この曲の最初の所だけ、覚えてるの

「さよなら あなたに であえて うれしかった」

chibiromanさまならわかりますよね、どういうふうに歌うか

>「別れ」たとしてもそのかけがえのない存在は確 かに胸に刻まれていて、
 それは一生消えることなく、また新たな一歩を踏 み出せそうな、
 希望ある「別れ」に聴こえてしまうのです

ココロに沁みましたです



NAME:Jam | 2010.03.02(火) 16:57 | URL | [Edit]

 

ごめんなさい、追記です

先にコメントしました、映画
大林宣彦監督の、富田靖子さん主演の
「さびしんぼう」です


NAME:Jam | 2010.03.02(火) 17:10 | URL | [Edit]

 

>jamさん
素敵な歌詞を教えていただいて、ありがとうございます!
思わず、続きの歌詞まで調べちゃいました。

♪さよなら あなたに であえて うれしかった
 どこかで もういちど あえるって 約束して
 
 さみしさ あなたと わけあえたら いいのに

 時の波間を滑り あなたに 逢いにいく私を
 やさしく てのひらで うけとめて 星屑のように…

さっそく、かりてみよーっと^^

でも、jamさんって本当に、詩の引き出しがいっぱいですよね。
いつも素敵なお写真と詩がこころに沁みます。
そして、いっそう弾けない自分がもどかしい(笑)

NAME:chibiroman | 2010.03.02(火) 22:40 | URL | [Edit]

 

「別れの曲」。
本当に美しい旋律の曲だと思います。
弾けていいなぁ・・・。(憧)
ベトベンの悲愴2楽章も美しいですよね♪
でも、聴くのと弾くのとでは大違いということもありますよね。
私は今、サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」に苦戦中です・・・。
聴くのは大好きな曲なのになぁ。(´・ω・`)

NAME:ポン・ション | 2010.03.02(火) 22:56 | URL | [Edit]

 

おはようございます。

ご紹介ありがとうございました。

実は私の母(ヤンママ)は
元幼稚園教諭でして
離婚後はピアノの先生をしてました。

母の妹は今でもピアノを教えて生計をたててます。
そこの犬の名は「ショパン」です。
ですから私もショパンの「別れの曲」は
大好きです。
頑張って練習してください。

NAME:うにた | 2010.03.03(水) 07:12 | URL | [Edit]

 

>ポン・ションさん
うっ…、だから、「弾けていいなぁ・・・」じゃなく、
弾けてないんですって!全然^^(汗)
悲愴も、指の動きがにてますよね。
聴くのと弾くのとでは大違いというあたりも。
私こそ、ポン・ションさん、弾けていいなぁ!です。
憧れの音は弦楽器なのだけど、耳に自信がないので
手を出さないように生きてきました。
ポン・ションさんなら、また壁のりこえられますよ!


>うにた先生
羨ましいですっ!!!
うにた先生のまわりは、素敵な音であふれてるんですね!
あのビシっときまったお母様が教えられるピアノは
すごくまっすぐで心地よい音なのでしょうね。
きっとうにた先生の血にも流れているリズム感が
卓球にいかされているんですね。
細く長く、じわじわと頑張りたいと思います。

NAME:chibiroman | 2010.03.03(水) 23:19 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。