鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
091115_053.jpg
二つ目のトンネルを抜けると、碓氷湖がみえてきました。
でも、惜しい!?紅葉がおわりかけ!?
もうちょっと早ければ、最高に綺麗だっただろうなー。
と、のんびり眺めてもいられません。

091115_057.jpg
横川駅から4.7キロの道のりを、目的地めざして歩いていきます。 

more

091115_060.jpg
すると、三つ目のトンネルがみえてきました!
四つ目、五つ目は、連続して続きます。


最後のトンネルを抜けたその先は…


091115_066.jpg
碓氷第三橋梁、めがね橋の上。(写真は、トンネルをでて振り返って撮影)
そして、ここが今日の目的地。


091115_085.jpg
私たちが碓氷線跡をたどれるのもここまででした。
六つ目のトンネルは、残念ながら通行禁止。
でも、碓氷峠を越えるためにつくられたのは、18の橋梁と26のトンネル。
碓氷峠の厳しさは、実はまだまだこれからなのでした。


091115_065.jpg
橋の上から見渡せば、はるかかなたにもうひとつの橋梁跡。
これは、アプト式の線路が廃止された後につくられた碓氷新線。
碓氷峠をこえるため、果敢に挑戦し続けた鉄道の歴史が垣間見れます。


「さ、ちょっと階段おりてみるでー」
「なんのために!?」
すっかりヘロヘロだった私は、内心、ブツブツ文句をいいながら、
夫の後をついていったのですが、メインスポットはなんとその下。


091115_074.jpg
それは階段をおりたからこそ実感できる、さっきまでいた碓氷第三橋梁の迫力。
200万個以上のレンガを使ったという、長さ91m、高さ31mの国内最大級のアーチ橋。
ぜんぜん、カメラにおさまらなーい!
こんなにも巨大な建築物の上にいたなんて、さっきは全くわかりませんでした。


091115_077.jpg 091115_072.jpg
そこにいては気づかないけれど、
少し離れてからこそ、見えてくるものがある…。

この上を、かつて列車が走っていたなんて、
いや、こんな橋を人の手によって煉瓦が組まれていたなんて、
この峠をこえるために投入された、多くの人の労力、そして犠牲。

美しく、力強く、儚く、
明治時代の鉄道への熱い想いが、そこにありました。


さぁ、もときた道をもどりましょう。
お腹もすいてきたことだし、遊歩道沿いで立ち寄ったレストラン、
ちなみにランチバイキング。

091115_111.jpg
その店の名は、亜符杜(あぷと)。あぁ、ここにもアプト。
碓氷峠、めがね橋の遺産を、これからも心に留めおくために…。
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

Comment

 

メガネ橋って・・・・

北海道にもあるよ。
ただ、真冬にだけ、水位が下がって見えるの。

NAME:J・FOX | 2009.12.15(火) 16:31 | URL | [Edit]

 

こんにちは

旧士幌線のタウシュベツ川橋梁と、
旧根北線の越川橋梁を思い出しました

とくに越川のをかつて住んでいたマチでよく見ていましたので・・・したから見上げたときのこの迫力と、人の手が尽くされた、その厳しさと現実を
思い出しました。
でも・・・うつくしいですね。

それにしても、たくさん人が訪れて居るんですね!
一度行きたいと・・・長男が申しております

NAME:Jam | 2009.12.15(火) 18:22 | URL | [Edit]

 

>J・FOXさん
タウシュベツなら、行きましたよー!!!
北海道は、なにもかもが雄大で感動です^^


>Jamさん
越川橋梁っていうのもあるんですね!
(今、検索してみました^^)
実はタウシュベツに訪れた時、
そこが鉄道跡だとは知らずに見てて、
あとで知らずにみていたことを知った夫に
めちゃくちゃ驚かれました(汗)
(解説でもしてくれれば、いいものを…)
無知って、切ないデス。

碓氷号が運行していない日は、人が少ないのかなぁ!?

NAME:chibiroman | 2009.12.17(木) 00:53 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。