鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
私とムスコを乗せた列車は、静かに走りだしました。
乗客の中には学生さんも多く、混んではいないもののにぎやかな車内。
でも、途中の駅で人がどっとおりてから、一気に閑散とした雰囲気に。

そして、次が目的の駅という時、車内の雰囲気がかわりました。
大きなカメラを持った何人かの男性が、運転席の方に陣取ります。
あぁ、きっと志を同じくする方々。
私とムスコは彼らの邪魔にならないよう、
車内後方の車窓を眺めながら、おりる準備をはじめます。


090726_146.jpg 090726_148.jpg
列車はどんどん山をのぼりはじめました。
たたみかけるような、いくつのものトンネル。
ひとつ、ふたつ、みっつ、…とお! まで数えて、数えるのをやめました。(根性なし)
さっきの駅を過ぎてから、10分は経過したでしょうか。
なかなか駅につきません。そして、駅の存在理由が分からなくなる、この標高。

再び列車は、真っ暗なトンネルの中。
今度のは長い、長い、本当に長い。
ジリジリした気分で通過を待っていたら、出口で一瞬見えた「押角トンネル」の文字。
あぁ、きっともうすぐだ。
カメラマンの方々が姿勢を正す様子が、コチラにも伝わってきます。

その時、私は重大なことをおもいだしました。
まずい!駅ではきっと、夫とムスメが待っているはず。
願わくば、彼らの写真の邪魔になりませんように。。。
 

more

願いは叶いませんでした。
遠目にも夫がムスメと仲良く手をつないで、列車の到着を待っているのが分かりました。
秘境駅に似合わない、ほのぼの親子連れ。
カメラマンの方々の背中が、心なしか動揺しているような!?
彼らの視線を背中に感じながら、私とムスコは駅におりました。


090726_153.jpg
そこは、山奥の中にポツンとたたずむ押角駅(おしかどえき)。
その静けさ、孤独感が伝わってくるような写真を
みなまさ、撮ることができましたかー!? …撮れませんでしたよね。

「今の鉄ちゃんたち、絶対にここにおりたかったと思うわ。
 すんごい嫉妬しとると思うで~」
もしそうなら、おりた上に、写真まで妨害してしまった私たちって一体…。
ごめんなさい、、、心苦しく思いながら、乗ってきた列車を見送ります。


090726_164.jpg
さて、これが、秘境駅の全貌。
見渡す限り、山、山、山。
でも、やっぱり駅があるということは、利用客がいるのでしょう。
「で、どんな人が使ってるの?」
「鉄道ファン」

大丈夫なのーっ!?
昔は集落や駅舎まであったということですが、今見る限りではその痕跡さえよく分からず。

「踏切とか、何にもないよね」
「ちゅうか、列車、来んもん」
時刻表をみると、一日に上下線あわせて6本の列車がとまるだけ。
一日に列車が2本しかとまらないことで有名な上白滝駅を、ご紹介したことがありますが、
なんてったって、網走から旭川方面を結ぶ石北本線。
とまらないだけで、特急や貨物など、通過する列車は数多く。
でも、押角駅は、本当にその6本の運行がすべてです。

「でもな、この駅は一応JRの駅やから、FOMAが使えるらしいで」
実は、NTTドコモ東北が管内のJRすべての駅でFOMAを使えるようにしたらしく、
こんな山奥でさえ、誰かとつながっているという幸せ。
ホワイト家族の私たちのケータイは、堂々たる圏外でしたけどね。


鉄道ファンの憧れ!?押角駅にいるという、今、この瞬間を楽しむべく、
私たちはしばらくの間、短いホームをうろうろしたり、
石を集めたりしていましたが(←ムスメ)、そんなに時間がつぶせるわけでもなく…。

「お腹すいたー!!!」
撤収決定。

090726_162.jpg 090726_166.jpg
線路沿いから、けもの道のようにのびる道をてくてく…。
油断すると、落っこちそうな橋をてくてく…。
何分か歩いたすぐその先に、国道340号線がありました。
草むらを抜けたら、いきなり道路。
「いやぁ、ナビで案内させとったのに、一瞬通り過ぎてもうたわ。
 案内も出とるけど、どれが道なんか、よう分からんし、着かんかと思ったわ」
そういいながら、充実感いっぱいの夫なのでした。


090726_170.jpg
もし、みなさまが岩手の山の奥深く、意外な場所に駅看板を見つけたら、
車を少しだけとめて、秘境駅を探しに行くのは、いかがでしょうか。

そして、お時間のある方は是非!ネットで「押角駅」を画像検索していただいて、
列車に乗っていては決して見られないアングルから眺める、
押角駅の遠景の迫力をご堪能ください。
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

Comment

 

こんばんは。
やっぱり、でしたね(笑)。
僕も降りてみたい駅のひとつなんですが、
列車本数の少なさに行く前からあきらめてるクチです(泣)。
でも、クルマで訪問できるんですね~。

それにしても、手に汗握る展開で(笑)、
楽しく拝見させていただきました。
3枚目の写真、素晴らしいですね!
こんな感じを期待していたら…僕も
車内のカメラマンの一人だったら動揺してたかも(笑)。

NAME:Kyo-to | 2009.10.06(火) 01:38 | URL | [Edit]

 

>Kyo-toさん
やっぱり、でした!(笑)
列車でも上下線を頑張って組み合わせれば、なんとかいけるかも!?

カメラマンの方、頑張ってスケジュールを組まれていたと思いますが、
思うような写真がとれなくて、がっかりだったでしょうし、
つくづく、Kyo-toさんと一緒の列車に乗っていなくてよかったと思います^^

NAME:chibiroman | 2009.10.06(火) 18:39 | URL | [Edit]

 

(^^)

やっとこれました(笑)

そうそう!
私のおばあちゃんの家は、宮城なんですよ(^^)
で、春夏秋のお休みの時に毎回帰っていて、龍泉洞行きました!何度も!!
きれい・・
その一言でした。

でも・・・電車はほとんど乗らなかったなぁ・・・
母の弟の車であちこち連れて行ってもらっていたので・・・
乗ればよかった・・・

NAME:kana | 2009.10.06(火) 20:49 | URL | [Edit]

 

>kanaさん
お疲れ様でした!^^
龍泉洞リピートなんて、贅沢ですねぇ。
デンシャに乗る時は、駅におりたら最後、
帰ってこれないかもしれませんので、
事前の時刻表チェックをお忘れなく!(笑)

NAME:chibiroman | 2009.10.07(水) 08:45 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2009.10.07(水) 09:28 | | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2009.10.07(水) 21:18 | | [Edit]

 

oo^^oo

屋根が ない^^
めっさ田舎ですね♪ もとい山の中ですね(^^
これは 鉄さんだと大いに期待しまくりでしょうね
ウンウン(゚▽゚*(。_。*)納得しました(^^bb
 (無人駅は経験ありだったんですけど

NAME:八ちゃん | 2009.10.08(木) 00:19 | URL | [Edit]

 

>最初の匿名さん
お越しくださいまして、ありがとうございます。
笑っていただけて、光栄です^^


>お次の匿名さん
コメント、ありがとうございます。
了解いたしましたっ!


>八ちゃんさん
私も初めての無人駅は、どうしていいかタジタジでしたが、
もう、無人駅のレベルを通り越していますよね。
まだまだ知らない世界がいっぱいです^^

NAME:chibiroman | 2009.10.08(木) 01:39 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。