鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
カンボジアは初めてなのに、なぜか「二度目のカンボジア!」ツアーに参加し、
いきなりツアーから脱退して自由行動してしまった私たち。
せっかくカンボジアに来たのなら、一度はいってみたいと思ったのが地雷博物館でした。

つい最近まで戦争や内乱が続いていたカンボジアには
いまだ600万個以上もの地雷がうまっているといわれており、
戦乱が終わった今でも、その地雷によって体を失う人々が後を絶ちません。
それは、1~2年で撤去できるような数では決してなく、今後、何十年もの間、
カンボジアに暮らす人々は日々、地雷との恐怖に脅かされなければならないのです。

120407_196.jpg
平和ボケしている私にとって、それは缶詰とかにしか見えず、

120407_188.jpg
今まで撤去された膨大な数の地雷や不発弾が、ここには展示されています。 

>>>Read more

スポンサーサイト
テーマ * 海外旅行記 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
120407_125.jpg
アンコール遺跡の中心部から離れたところに、バンテアイ・スレイはありました。
アンコール・トムやワットと比べると、とてもこじんまりとしているけれど、
(そのこじんまりさが、妊婦の私にとってはとっても嬉しい)
赤色砂岩とラテライトによる「赤」がとても情熱的で、カンボジアの灼熱の中で迫ってきます。

120407_129.jpg
門を抜けると、ヴァージンロードかのような、やっぱり赤いリンガの参道が続き、
軽快なステップで天国と地獄ごっこ(岩から落ちたら地獄)を楽しんでいるのはムスコです…(汗) 

>>>Read more

テーマ * 海外旅行記 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
本当は初めてのアンコールなのだけれど、「二度目のアンコール!」ツアー二日目。
それは、アンコール・ワットの日の出からはじまりました。

120407_001.jpg
ただ今の時刻、午前6時。ガッツリな曇天に落胆する人々。

ま、こんなこともあるよね。
ということで、ホテルに戻り、少し仮眠をとって、
クバール・スピアン、シェムリアップ川の源流にある遺跡を目指して。


ところで!


120407_031.jpg 120407_042.jpg
なぜ私はこんなに足場の悪い山道をのぼっているのーっ!?(お尻で失礼いたします)
「妊婦に優しい、ゆる~いプランとかいってなかった!?」
「ま、30分歩くだけやし。走らんでもえーし。俺らだけやしのんびり行けるでー」
30分歩くといっても、まさかこんな危険な足場だとは。
昨夜ふった雨でまだ乾ききってない地面で足を滑らせないよう、
岩場に足をしっかりとかけ、ゆっくりゆっくりとのぼっていきました。
この時、妊娠5か月。安定期のようなようでないような時期だけれど、
ツワリであまり食べられず、水分もとれない頃だったので、体力的な問題が。。。


120407_052.jpg
それでも、どうにかこうにかたどり着いた滝。
ここから上流にむかって、川辺にヒンズー教の神々の彫像がみえてきます。
 

>>>Read more

テーマ * 海外旅行記 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
一日目の最後を飾るのは、プノンバケン。
山の上から遺跡に沈む夕陽をみようというプラン。

120406_242.jpg
というわけで、小高い山をてくてくのぼり、最後の階段だという時に
信じられないほどの長蛇の列。どうやら頂上で人数制限をしているようで
下山した人の人数分、のぼれるようで、いやぁ、待ちましたよ待ちました。

でも、それを見込んだ時間プランなんでしょうね。

120406_252.jpg
頂上についても、夕陽まで今しばらく。


みんなで日の入りを待ちましょう。



待ちましょう。



120406_253.jpg
あ。アンコール・ワット発見。 

>>>Read more

テーマ * 海外旅行記 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
さぁ、いよいよアンコール・ワットへ!

120406_126.jpg
と思ったら、門までの道のりがまたまた遠く、

120406_130.jpg
この門をくぐればいよいよか!?と思いきや、

120406_143.jpg
本陣までは、それまた遠く。

120406_151.jpg
やっとこさ、たどり着きました。でも、だからこそ、その長い参道を楽しめるよう、
その象徴的な尖塔が見えたり見えなくなったりなどといった、アプローチの工夫が感じられます。 

>>>Read more

テーマ * 海外旅行記 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
つわりも随分おちついてきました。
妊娠経過キロクはまたの機会にして、久しぶりに旅記事でもアップしてみようかと。

4月はタイで一番暑い季節。
13日から15日はソンクラン(旧正月)といって、
水をかけながら(もう、本気でかける。バケツ丸ごとの勢い)、お正月をお祝いします。
で、タイで初めて迎えるソンクランってどんなのかしらと
水鉄砲を準備しながらドキドキしていたのだけれど、
国外逃亡してしまったので、結局分からずじまいだったタイの水かけ祭りの壮絶さ!?
私、妊婦だしね。水かけられて風邪とかひきたくないしね。
(ま、びしょ濡れになったとしても、すぐ乾くという説もあり)
お楽しみは、来シーズンにでもとっておこうかな、、、ということで、向かったのはカンボジア。

遥かなるアンコール目指して!

120406_001.jpg
カンボジアの鉄道が廃止されていなければ、迷わず鉄路だったと思われますが、
せっかくタイにいるのにアンコールに行かずにどうするよ!?ということで、
やむなく空路。タイに来てから初めて利用するバンコクエア、ちっちゃ!!!

こちら、国内や東南アジアへの小旅行は、こんな小型飛行機が大活躍なのだけれど
「飛行機に乗ったら負けた気がする」という夫のよく分からない信条により、
今までなかなか乗せてもらえませんでした。だからやっと人並!?
友達からも「まさか鉄道で行ったりしないよね!?」と確認され、
鉄路がないことをいうと、とても安心されました。
「フツウでも鉄道でいかないのに、妊婦なら絶対あり得ないから!」

そういうわけで、今回は人並なカンボジアの旅。
夫も私がツワリでヘロヘロなのを考慮してくれたのかどうなのか、
「今回は、まるっとツアーに申し込んだから、ユルユルな行程や」
ということで、そのツアー名はなぜか、『二度目のアンコール!』
いや、我が家、初めてなんですけどね。
夫いわく「『初めてのアンコールワット!』だとオモロないやろ」ということらしいんですけどね。


120406_019.jpg
バンコクからカンボジアまで、飛行機でブーンと1時間。
まずは、アンコール・トムへ!

大きな町という意味のそれは、3キロ四方を高さ8メートルもの城壁に囲まれた巨大な遺跡群。
そこに、南大門から侵入です。

120406_016.jpg 120406_020.jpg
それにしても、車をおりてから、その門までの道のりがはるかに遠く。

120406_022.jpg
城壁を囲んでいるお堀が、これまた広い。 

>>>Read more

テーマ * 海外旅行記 ジャンル * 海外情報

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。