鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
明日はムスコの小学校の説明会。いやぁ、やっとですよ!やっと。
こちらの一学期は8月5日までなので、それに間に合うようにタイ入りしたのに
終業式で忙しいのでまた後日といわれ…
え~っ!それじゃあ、ちっとも準備ができないじゃないか!!!
つまりムスコは、はじめてむかえた小学校の夏休みなのに、宿題ナッシング。
二学期直前のラストスパートとかも経験できないわけですよ。
ムスコが宿題に追われて、ひぃひぃいってる姿も見られないわけですよ。(え!?)

そういうわけで、明日大量に宿題がでないことを祈りつつ、
今日は、MRTに乗ってみた!というだけの記事でございます。

110807_007.jpg
MRT、それは、バンコクを走る地下鉄。
正式名称は「Mass Rapid Transit」だけれど、勝手に脳内変換!?
ロゴマークがメトロの「M」で覚えやすいです。

110807_008.jpg
すると、いきなりのゲート出現で、出国するわけでもないのに厳重な体制に。
別に悪いことをしているわけじゃないのに、なんとなくプレッシャー。
通過の際にブザーが鳴って、一応、バッグの中身を確認されて…
でも、チラ見もいいとこで、厳重なのかそうでないのかさっぱり分からず。


さぁ、一体どんなデンシャなのかしら。 

>>>Read more

スポンサーサイト
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
t090726_098
お祭りで大勢の笑い声であふれていたその海岸線は

t110530_173.jpg
すっかり、変わり果てていました。

t110530_176.jpg
津波の威力をあらためて思い知らされました。





t090726_106.jpg
かつて、そこからは観光船がでていて、

t090726_113
北山崎の美しい景観を楽しむことができました。

t090726_114
岩場の陰に一瞬みえた人々の祈りは、届いたのでしょうか。 

>>>Read more

テーマ * 駅の風景 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
昨日、東京にいるムスコの鉄友K君から近況報告がありました。
「やったよ!ボクもこっちで頑張ってるよ!!!」
(↑お母様からいただいた写真で勝手に脳内補完)
で、何がやったよ!なのかといいますと、アレです、アレ。
K君といえば、ポケモンスタンプラリー。
昨夏、ムスコとともに熱い夏を闘いぬいた同志からの、今年度の成果報告でした。

そして、ふと思いました。
あぁ、私は鉄道が大好きな彼に伝えるべきだったことを
きちんと伝えられていなかったなぁ、と。
コチラに足を運んでくださっている奇特なみなさまに
もっとはやく伝えるべきことがあったなぁ、と。

だから今回は、日本でやりそびれてしまった宿題の記事。
過去に、何度か書こうとしたことはあったけれど、
すでに報道でも書籍でもネットでも情報があふれているからとためらい、
だけど、やっぱり自分の言葉でちゃんと綴ってみたかったかつての三陸鉄道の情景を。
日本を発つ前に書きなぐった、震災後の三陸鉄道のキロクだけではなく、
震災前の三陸の美しい風景をもちゃんと心に刻むために。。。
(なんだか二学期を目前に、夏休みの宿題にラストスパートをかけてるようですネ)



みちのくフリー切符の旅【4】 ~島越のにぎわい~
みちのくフリーきっぷの旅【5】 ~北山崎めぐりと三陸鉄道!?~
以下、当ブログ内、2009年の上記記事より加筆・修正。
震災後の写真は、再び東北を旅した今から三カ月前、5月末のものになります。


2009年の夏、我が家は東北を旅しました。


t090726_081
私たちがたどりついたのは島越駅。
北リアス線の駅看板は、宮古地方の間伐材を活用しているそうで、趣があります。
上方には、口を大きく開けた鮭のシルエット。
近くには、ジャンジャカ鮭がのぼってくる安家川(あっかがわ)があるのだとか。
駅名の上に書いてある「カルボナード」は、宮沢賢治の童話に出てくる火山島の名前。
実は、この路線の駅にはすべて愛称がつけられていて、
「うぐいすの小径」「旅の八郎」など、気になって眠れない名前が満載です。

t090726_082
ホームからの眺めは、海の広がる爽やかな景色。
青い屋根と白い壁のお洒落な駅舎は
まるで、ミコノス島にでも来たかのような錯覚を覚えました。

t090726_083 t090726_084
高架の駅だったから、今回の震災で島越駅がすべて流されたときいても、
すぐには理解できませんでした。 

>>>Read more

テーマ * 駅の風景 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
先日、日本からきたお友達とランチをして、まちをブラブラ歩いていたら
同じく2人組の若い子に声をかけられました。なんと3組も!!!
もうっ、やーだー! 私たちってもう年だし、コドモもいるのにぃ~。
…イヤイヤイヤイヤ、残念ながらナンパじゃありませんでした。
どうやら学生さんで、日本文化を研究しているらしく
タイに住む日本人の意識調査をしていたみたい。

で、こんな質問がありました。
「どのような広告をよく目にしますか?」

もちろん、TVCMや看板はよく目にするけれど、

110807_002.jpg
青空のもと、真っ赤なBTSのラッピング車両なんて通過したら、
イヤでも目に飛び込んできちゃいますね!
(写真はどんより曇り空ですけどねー。車体色もちがう)

110807_005.jpg
BTS、バンコク・スカイトレインだけあって、
やっぱり高いところを走る車両は目立ちます。

110807_222.jpg
窓なんて分からないくらい、ラッピング。
車内から外をみると小さな黒いドットでしきつめられているので、
クリアな車窓を楽しむことはできません。
 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
って、いきなりタイから日本に引き戻されるタイトルですね。

今日もバンコクは爽やかな青空。そして、デンシャで素敵な出会いがありました。
なぁんて大げさに書いてしまいましたが、
ただコドモ達に席をゆずってもらっただけなんですけどねー。
でも、この譲り方が、コチラ、半端なくスムーズ!!!
デンシャに乗った途端、すぐに何人かが席をたち、どうぞどうぞ状態。
気負うことなく、それが当たり前かのように、素早く、すがすがしく。

もちろん日本でも、そんな親切にたくさん出会いました。
それはやっぱり自分にコドモができてから。
妊娠時代、赤ちゃんを抱っこしていたら、小さい子の手をひいていたら、
みなさん、すぐに席をゆずってくださるから、私も決意をあらたにしたものです。
「私もちゃんと席を譲ろう!」
それまでだって、もちろん席を譲っていたけれど、
遠慮されると無理強いするのもいやだし、小さな親切大きなお世話な時もありますよね。
だから、あなたのために…という雰囲気をにおわせずに、さりげなく移動したりとか。
日本の若い人は結構、このシャイ系!?譲り方が多いような気もします。
だから、お礼をいうタイミングを逃して、心の中で「すみません」とつぶやくような。

でも、コチラ、席にすわっている人がこぞって譲ろうという雰囲気。
そして、真正面から「どうぞどうぞ!」。オプションは満面の笑顔つき。
さすがに小1息子、お前はもう席を譲るお年頃だろうと思うから
むしろ遠慮したい気もするのだけれど、そんな微妙なタイ語は話せるわけもなく
このシチュエーションでの唯一の正解回答は
笑顔で「コップンカー!(ありがとう)」以外にないだろうと思い、
いつもデンシャにのると、素敵なお気遣いを全身全霊で浴びまくっています。

そんな生活をおくっていると、思いだしますねぇ、有川浩さんの小説「阪急電車」。
本を読んで号泣し、映画を見に行ってやっぱり涙し…
いや、そんな悲しい話ではないんですよ。
私も今まで、たくさんの素敵な人に支えてもらったなぁと思うと胸が熱くなるというか…
それは、車内で偶然乗り合わせた人々の出会いが織りなす奇跡の物語。
久しぶりに読み返したいなぁ…って、船便に入っているので、まだ無理なんですけどね。

ということで今日は、まだ届かぬ段ボール箱に想いをはせて。
奇跡も何も起こらなかったけれど、「阪急電車」に感動して、
阪急電車に会いに行った、我が家の15分間の旅のキロク。

110619_06.jpg
物語の舞台となるのは今津線。
西宮北口から宝塚までを走る片道15分の阪急電車。

110619_08.jpg
恋人の浮気に心がどろどろだったヒロイン。
その心模様を偶然出会ったおばあさまに見透かされ、
気分転換におりてみたらとすすめられたのが、この小林駅。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
110804_41.jpg
宿泊していたインペリアル・クイーンズパークホテルの前の公園を横切ると
そこはバンコク・スカイトレイン、BTSの駅、プロンポン。
せっかくだから、乗っちゃいましょうかね。ホテルに到着したその足でさっそく。
(三角屋根の白い建物の頂点あたりに駅がありマス)

それにしても、プロンポンだなんて、まるでピアノでも弾いているかのような響き!
購入した日本パッケージのペットボトルの麦茶を、何の疑いもなく一気に飲んで
あまりの甘さに悶絶した時でさえ、この駅名を耳にすると心弾む気がします。
(タイで日本茶を買う時は、無糖表記の確認を!)

110804_49.jpg
駅への階段をのぼり、ホームへの階段をのぼり、空へ空へ。
あぁ、確かにスカイトレイン。地表の渋滞が嘘のように爽やかな見晴らしです。 

>>>Read more

テーマ * タイ旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
110804_06.jpg
いざ、タイへ!

110804_12.jpg
空港からは、車でホテルへ向かいます。

110804_16.jpg
その途中でみかけた、タイのファースト・トレイン!?空港新線。

110804_19.jpg
そして、向こうにファースト・ステーション!?在来線。

110804_20.jpg
高架下に、駅看板があるよー。踏切があるよー。ホームがあるよー。
よく知らないので、とくに解説はデキマセン…が、ちょっぴり気になってしまう駅。 

>>>Read more

テーマ * 旅じたく ジャンル * 旅行

 

 

 

 
東京を発ってからバンコクのホテルに滞在すること一週間、
新居に引っ越してから10日間、そろそろ落ち着くかと思いきや
日本からの船便が遅れてちーとも届かず、トランクで持ってきた荷物で
ほそぼそと!?暮らしている今日この頃でございマス。

船便を待ちくたびれてフライパンを買い、(船便に調理道具が全部入っている)
その状況を伝えたら可哀そうにおもったのか、ご近所さんが大きなお鍋をくれ
今はおたまを買うかどうか、真剣に悩み中。(早く買え!?)

ま、そんなことはどーでもいいのですが、
要は、船便に入っているパソコンとかもまだ届かないわけで
仕事先に「お盆明けには仕事復帰します」とかいっていたのはどの口かしら!?
な感じで、ゆるーく過ごしています。

といっても夫のパソコンは手持ちだったので、
そちらから何となく近況でもキロクしてみようかと。

110803_03.jpg
あれ!?あそこに見えるのは「あすざ」か「かいじ」!?
時は、タイに出発前までさかのぼります。(さかのぼりすぎ)
東京最後の夜は、北海道から東京に越してきた時に泊まったのと同じ、
トレインビューのホテルに決めました。

110803_05.jpg
想い出すのは、201系をおいかけた熱い日々
201系を待ったり、撮ったり、描いたり、作ったり、食べたり!?
思い返せばいろんなことがありました。

それにしても、あらためてみるとホントひっきりなしに来ますねぇ、デンシャ。
次から次へと。車両数が多いのに、人だって多いし。
ぅわっとはき出され、ぅわっと吸い込まれ、それらがあっという間で、
いくつもの車体が交差するのに、決してぶつからず、、、
今更ながらに感動です。
列車がぶつかるなんて「ありえない」ことであってほしい…。 

>>>Read more

テーマ * 旅じたく ジャンル * 旅行

 

 

 

 
110530_138.jpg
どこまでも続く瓦礫の山の中、JR釜石駅から車を走らせ一時間、
ついに三陸鉄道の宮古駅に到着しました。
列車の本数が少ないのでいつも通り!?
夫は私たちを駅におろして、レンタカーで追走します。

この日は、東北フリーきっぷだったから
ホントは乗車賃がいらないけれど、今日だけは買っちゃいましょう!切符。
ムスメは幼稚園だからタダだけれど、えーい、今日はコドモ料金を払っちゃえ!
そう思ったのも束の間、久しぶりに使う昔ながらの券売機で
コドモの切符の買い方が分からずにどぎまぎしていたら
「あぁ、それはカバーをめくるんですよ!」
と駅員の方が、手とり足とり手伝ってくれました。
「えと、大人一枚と、コドモ二枚お願いします」
「あ、でもおじょうちゃんは、いくつかなー」
「4さい!」
「じゃあ、切符はいらないですね」

なんだか、ものすごく恥ずかしい会話をしたような気がしないでもなく
そして、よっぽど乗り慣れてないと思われたのか

110530_139.jpg
席まで案内していただきました。

110530_141.jpg
コレが、今回の震災で甚大な被害を受けたにも関わらず、
走れるところだけでもと、いちはやく復興支援列車を走らせた、三陸鉄道の心意気。
宮古駅の駅員さんたちは本当に元気で、素敵な笑顔で迎えていただき、
こちらが逆に、パワーをいただいたような気がしました。
南リアス線はいまだに運転再開のめどはたっていないものの
みんなでがんばっているのだもの。いつの日か、きっと、絶対に! 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
震災の日から、もうすぐ5カ月がたとうとしています。
まだまだ色々な問題は山積みだけれど
昨日よりも今日、今日よりも明日、少しずつでも前へ、前へ。

そして、我が家も日本を発つ日が近づいてきました。
でも、その前にこの記事だけはと思い、ようやく綴ってみようと思います。

それは震災2ヶ月後に、東北に旅した日のこと。
それまで、現地で私たちに何かできることはないだろうかと悩みに悩み、
でも、家族で向かったところで、まだコドモ達が小さすぎて
かえって邪魔になってしまうのではないかとためらい、
やはりコドモたちは、東京で今までどおり元気いっぱいに過ごすことが
一番大切なんじゃないかと思いつつも、
日本がまだまだ大変な事態になっていることを知ってほしくて、
少しでも応援できればと、大好きな三陸鉄道に乗りにいったあの日のこと。

手には、自分たちで描いた精一杯の応援のメッセージを携えて。

110528_01.jpg
ムスコ作。

110528_02.jpg
ムスメ作。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
110717_027.jpg
スタートは、8時半開始のカチカチ山ロープウェーから。
河口湖を眼下に望む、3分間の空の旅。

110717_032.jpg
おとーさんと、おにーちゃんは、どこかなー?



110717_067.jpg
「次は、おふねに乗りたい!」とムスメがいうので、遊覧船へ。

110717_073.jpg
晴れている、ただそれだけで、光が波が風が…すべてが気持ちいい。
でも、まさかの落とし穴。
「おかーさん、おふねって白鳥さんのことだったのにーっ!!!」

そっちかよっ! 時間もたーっぷりあることなので、そのあと
スワンボートを徹夜明けの超ハイテンションモードでこぎまくったけれど。 

>>>Read more

テーマ * 国内旅行記 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
先日の記事で、ムスコが富士山アタックしたことをかいたのだけれど
それには、理由がありました。日本にいる間に、富士山を!!!

実は我が家、夫の転勤により8月からタイに行くことになりました。
そう!コレを先日いいたかったんです。
だから、4月からバタバタで…と、こっそりブログ放置の言い訳をしてみたり。

サワディーカー。コップンカー。ドウナッチャウノカー。
タイ語なんて、教室に通ったのにほとんど話せないけれど、マイペンライ! 
それは、タイでよく耳にするという、「大丈夫!」という意味の言葉。
富士山だってのぼれたんだから、もう怖いものナシさ。
…って、のぼったのは夫とムスコなんですけどね。


今日はせっかくなので、彼らが富士山アタックしていた時の
地上における私とムスメの地味な闘い!?の備忘録。



その日、私の役目はドライバーでした。
使命は、できるだけ朝の早い時間に、彼らを富士山の5合目まで送ること。
そして、おりてきた彼らをお迎えにいくこと。

よって、前日はとりあえず早く寝ようとしていたのだけれど、
こんな時に限って、なかなか仕事が終わらないんですねー。
結局寝たのは、夜の1時頃。
その後、寝たのか寝てないのかよく分からない仮眠をとって
2時起きで、おにぎりをつくったり何やらかんやら。
3時、富士山めざして出発です。

さすがにこの時間の高速道路は順調に流れているので、

110717_008.jpg
ビューンと到着したのは朝の5時。
ほんのりと朝焼けに染まる富士山を見ることができました。
さぁ、夫よ、ムスコよ、元気にいってらっしゃい!
私は温泉にでもはいって、少し仮眠をとるから。

でも、そこからが地味な地獄のはじまり。 

>>>Read more

テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。