鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
そういえば先日、届きました。


101020_01.jpg
JR東日本ポケモンスタンプラリー、95駅を制覇した証、
全駅達成認定証のカードとともに、

101020_02.jpg 101020_03.jpg
この夏休み、我が家を翻弄させた黄色いネズミの時計が!

実はこの時計、裏返すと青いペンギンの時計にもなってしまうという優れモノ!?
おまけに、認定証まで飾れてしまい、感動が何度も蘇ります!?

それにしても、どうしたものか、この賞品。
ムスコはポケモンのアニメもゲームも好きなのだけれど、
時計はあまり興味がなさそうで。
しかも、日付をあらわす4個のサイコロが、日々転がってどこへやら。
そろそろ、ガラクタ入れ、…じゃなかった、宝物箱に入れちゃおうかしら。


091014_02.jpg
ちなみに、昨年の賞品はコチラ。
黄色いネズミをむぎゅっと押すとランプがつきます。
数日間で、まるで耐久検査かのように何度も押されまくったあげく、
いつの間にやら、放置の刑。


あのぉ、ピンバッジとかでも十分嬉しいのだけれど。保管場所、とらないし…!?


ま、賞品なんて、どうでもいいんですよね。
達成感という一番の想い出が、心に刻まれたのだから^^ 
スポンサーサイト
テーマ * 日記 ジャンル * 日記

 

 

 

 
100505r_36.jpg
もうすぐ、夜の9時になろうという高松駅にて。
出発時刻の30分前、サンライズ入線です!

100505_191.jpg
東京から福岡まで、過去にサンライズで帰省しようとしたことはあったけれど、
切符がとれず、断念したことがありました。
(おかげでその時は、カシオペア&北斗星でいく2泊3日の旅になったという不思議) 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
100505_175.jpg
坪尻駅をあとにし、次は琴電琴平駅に向かいます。
JR琴平駅のモダンな駅舎とは対照的に、
コチラの駅舎は、まさにこんぴらさんの玄関口って感じ!?

100505_174.jpg
駅の側にそびえたつのは、高さが27mもあるという、日本一高い燈籠。
(左下の青い物体は、しゃがんでいるムスコ)
瀬戸内海をとおる船の道しるべとして、江戸時代の終わりにたてられたそうで
中に入れたり夜には火もともるそうですが、時間がおしているので素通りー。(涙) 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
100505_122.jpg
次に私たちが向かった先は、琴平駅。
海の神様、こんぴらさんの玄関口ですが、なんてハイカラな洋風の駅舎だこと。
せっかくだから、こんぴらさんにお参り!といきたいところですが、
時間がないようなので、またいつか。

ここからは、普通列車でゆっくりと。
山あいをこれでもか!というほど、長いトンネルを抜けたその先に、

100505_125.jpg
坪尻駅がありました。
再び、臭ってきます、この感じ。スイッチバック、アゲイン。

100505_128.jpg
一度、駅を通過して、バックで入線し、
再び、運転士さんが前方に移動してからドアが開くので、
駅がみえても、なかなかホームにはおりられないじれったさ。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
100505_073.jpg
後免駅からは、特急南風(なんぷう)にのって。
「南風にのる」って、なんだかとってもいい響き。

100505_076.jpg
でも、この時はGW真っ只中。心地よい響きとはウラハラにすし詰めの車内。
それなのに、チラ見の車窓からみえた吉野川の美しいことといったら。

新改駅を通過するで!」と夫がいうから、一応神経を集中させてみたものの、
私の動体視力ではほとんど確認できませんでしたが、何か?

100505_080.jpg 100505_078.jpg
列車は、大歩危(おおぼけ)駅到着。
ホームにある祖谷のかずら橋の模型を見ると、秘境への妄想が高まります!? 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
100505_034.jpg
再び、高知駅に戻った私たちを出迎えてくれたのは、
土佐くろしお鉄道のごめん・なはり線の「ごめんえきお」くんと「なはりこ」ちゃん。

100505_035.jpg
ふたりに見送られ、「しんたろう号」にのって。
高知側に「やたろう」さん、奈半利側に「しんたろう」さんのヘッドマークをつけて走ります。
もちろん、彼らは龍馬さんとともに闘った岩崎弥太郎と中岡慎太郎。

100505_036.jpg
しんたろう号の側面には、高知県出身のやなせたかしさんが手がけたという
沿線20コの駅のイメージキャラクターが一同に勢ぞろいしたりして
しんたろうさんが、何だかほのぼのしてみえます。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
翌朝はスバラシイお天気。龍馬さん観光日和です。
「久しぶりの観光らしい観光だよね。どこからまわる!?」
「うん。まぁ、そうやったけどな、四国の鉄道があまりにも魅力的で
 スケジュールつめこみすぎて、時間がほとんどとれんかったんや。
 だから、行きたいところ、ひとつ言ってみ?どこでも連れてったるでー!」
「…」
この後、夫婦間で色々なやりとりがありましたが、ここでは省かせていただきます。

100505_001.jpg
ということで、私が選んだ先は、桂浜。
龍馬さんが大好きだったその場所に、私たちも行くしかないでしょう!?

100505_002.jpg100505_004.jpg
それにしても、桂浜には見上げるほど大きな龍馬さんがいらっしゃいました。
(右写真下の人のサイズ、参照)
あまりにも大きいので、隣のやぐらにのぼって、龍馬さんの目線に近づきます。

100505_003.jpg
水平線の向こうに見ているのは、世界か、日本の将来か、
ともに闘った同志に家族に、お龍さんのことなのか。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
土佐北川駅をあとにし、龍馬さんをもとめてようやく高知駅へと戻ります。

100504_121.jpg 100504_123.jpg
でもその前に、せっかくなので、もう一度目に焼きつけよう!?
夫の大好きな新改(しんがい)駅のスイッチバック。

100504_126.jpg
さきほどより、はっきりととらえることのできた駅の全貌。

100504_128.jpg
夫は、駅におりたくてたまらなかったようだけれど、涙をのんで見守ります。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
100504_079.jpg
新改駅をあとにし、土讃線を再び北上すると、
鉄橋のど真ん中に、土佐北川駅はありました。

100504_082.jpg 100504_084.jpg
鉄橋というからには、やはり鉄の橋で、川の上をずどーんと通っているわけだから
一歩、足をふみはずせば、川にポチャン!?(いえ、柵があるから絶対に大丈夫なのだけれど) 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
100504_057.jpg
窪川駅からは特急南風にのって、龍馬さんをもとめて高知駅へ!

100504_058.jpg
と思ったら、車窓から全国的に有名な後免(ごめん)駅が目に飛び込んできて…
「…高知、過ぎたよね?」
「うん」
「龍馬さん、通り過ぎてるよね?」
「まぁまぁ。龍馬さんは逃げん。その前に、まずは行くべき場所があるんや」 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
先日の私の四国記事を読んだ夫が、なぜかため息をついています。
「四国に足をふみいれた感動が、ちーっとも伝わってこん文章やったなぁ」
あぁ、そうですか。
「龍馬さんにしろ、秋山兄弟にしろ、正岡子規にしろ、漱石にしろ、
 過去の偉人は、みーんな舟で四国に渡ったんや!
 そして、今回は俺らも舟なんや!!!」
まぁ、確かにフェリーだったわね。
「海をわたり、だんだんと四国が近づいてくることに、何か感じるものはないんか」
というか、その時はアナタも私も寝てましたよねっ!!!
早朝5時に船をおろされ、寝た子と荷物をかかえながら
満員のリムジンバスに揺られ、目指した道後温泉では長蛇の列。
私の中では、眠気と闘いながらの四国入りでしたが、何か?

100504_029.jpg
話は脱線しましたが、次に私たちが向かった先は松山駅。
さすが「坊っちゃん」のまち。改札にいらっしゃるのは憧れの「マドンナ」です。

100504_030.jpg 100504_031.jpg
そこから、特急宇和海にのって宇和島へ。四国の左端を南下していきます。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
100504_001.jpg
さて、道後温泉駅前に展示されているのは、小さくて可愛らしい坊っちゃん列車。
こんな所に止まっているからてっきり展示車両かと思いきや、実は現役バリバリ。
動き出すその時を、乗車券を購入して待ちましょう。

100504_017.jpg
さっきから、何かが気になってしかたないらしいムスコ。
「コレ、動くの!?」
確かに、蒸気機関車のようでいて、石炭はみあたらず、
釜に火をおこして準備しているようでもなく…。
実は、ディーゼルエンジンで復元された、蒸気機関車風坊っちゃん列車。
遊園地でも走れそうなその軽快さとコンパクト感に、
ホントに松山のまちなかを走ってくれるのか、うさんくささいっぱい。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
去る9月26日、お召し列車が運行されましたね。
紫色で驚くほどピッカピカで、ヘッドライトの目と菊紋のお鼻がすまし顔で…
いえ、実際に目にしたわけではありません。
友達から「見に行った?!」ときかれ、私は初めてその情報を知ったのだけど、
そんなスゴイ列車が走っていたのに、夫はなぜ、見に行かなかったのか。

「知らんかったーーーーーっ!!!」
確かに、簡単に分かるようだと問題だわね。
でも、鉄道ファンが押しかけたというニュースを知って、
「やっぱり、みんなさすがやなぁ…」と感心することしきり。
その頃、何も知らない我が家は一体、どう過ごしていたのかというと、
さよなら中央線201系のカードを集めるために中央線沿線をうろうろと。
9月26日は、見事、カードラリーをコンプできた一日でした!?

夏休みのスタンプラリーに引き続き、中央線のカードラリーに手を出してしまい、
8~9月の週末は、ひたすら中央線に乗っていたような気がします。
最近は、あまり鉄旅といえる旅をしていないので、
この機会に今まで遅筆により書きそびれていた記事をUPしようという魂胆。

100503_80.jpg
というわけで、早速、フェリーからの画像。
私の故郷、福岡のまちをあとにした一コマです。

一体、いつ福岡に!?
スミマセン。今さらですが、GWに福岡に帰省した後のお話です。
龍馬さんブームに便乗して、毎週大河ドラマに釘付けな我が家。
東京に戻る前に、まずは四国へ。龍馬さんに会いにいこう! 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。