鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
今日は、そういえば、ムスコがめでたく5歳になったというお話です。
どの幼稚園でも、そうだとおもいますが、
コドモの誕生日には、園が素敵な誕生日カードを用意してくださったりします。
ありがたや、ありがたや~。

その時に、「お子様へ一言、お願いします」と
親が、園からメッセージカードを渡されちゃったりするわけですが、
幼稚園から渡された紙が、色といい形といいあまりにも何かににている…。

090612_01.jpg
というわけで、Mパンチでもいれて、切符にしてみたり。

発行日はもちろん、誕生年月日。
5歳から6歳行きなり。発券より一年間有効、幼稚園の指定席券、もちろん小人用。

北海道にいた時に発行したものなので、
有効期限をまだまだいっぱい残したまま、東京に来ちゃったなぁと
写真を整理しながら思った今日この頃でした。(整理、おそっ!)

というわけで、さっそく払い戻しにいかなくちゃ!
いや、経由地の変更だけで大丈夫かな?
…どーでもいいですけどね。

090618_21.jpg
今回もしつこく、ロールケーキでつくってみた汽車ぽっぽ。
誕生日仕様!?で、豪華な石炭を積ませてみたり。
ムスコに手伝わせたら、もう、何がなんだかよく分からなくなってきて…。

終着駅がさくらんぼ畑!?
王様が馬にのって視察に訪れてる!?
「たけのこの山(スナック菓子)」は、鉄道林!?

※鉄道林とは、強風・吹き溜まり・飛砂・土砂崩れなどによる災害を防ぐ目的で
 鉄道施設の周りに植林された森林のこと by Wikipedia



ある物語のはじまりかもね。 
スポンサーサイト
テーマ * 日記 ジャンル * 日記

 

 

 

 
小幌(こぼろ)駅とは、北海道を金魚の形にたとえると(!?)
しっぽの付け根のあたり、内浦湾に面したところに位置します。
サミットで有名になった洞爺湖の近くでもあります。
ただ、札幌からそんなに遠くはないのですが、なかなか近づくことはできません。

090621_065.jpg 090621_068.jpg
乗ってきた列車をおり、その列車が去っていくのを見送ると、
閉ざされた空間にひとりぼっち。(いや、実際は親子4人だけど)
とても寂しい感覚に襲われます。


090621_079.jpg
なぜなら、長~いトンネルとトンネルの間にあって、
「3面が険しい坂、1面は海(内浦湾)に接している。
 そのため、鉄道と船舶以外の交通手段では接近が難しい」 by Wikipedia
                                  …という駅だから!
※写真の右側にあるのが、室蘭・札幌(下り)方面の駅のホームで、
 左側にあるのが、長万部(おしゃまんべ)方面(上り)のホームです。
 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090621_047.jpg
ポロトコタンをあとにし、今回の目的地、小幌(こぼろ)駅へと向かいます。
先ほど、白老(しらおい)で買った白老牛バーガーを旅のおともに
車窓をぼーっと眺めていたら、なんだか眠くなってきました。


本当に眠くなってきました。


090621_053.jpg
気がついたら、こんなことに! 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090621_010.jpg 090621_012.jpg
その日、白老(しらおい)はしとしとと雨が降っていました。
今回の目的地は、室蘭本線にある小幌駅なのに、なぜ、白老駅!?
「小幌駅はな、すぐ行けそうなのに、なかなかたどり着けんのや」
というわけで、時が満ちるまで、白老のまちを楽しみましょう。


090621_020.jpg
いらんからぷて~! 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
幌舞駅で「鉄道員」に浸ったところで、あとは車で札幌まで帰りましょう。
「いや、ここからムスコと列車にのって。
 俺はムスメと車でいくから」
というわけで、我が家恒例、並走ゲームのはじまりです。

並走ゲームとは、私とムスコが乗った列車を、夫が車で追いかけながら、
先回りできる駅に車をつけ、そこから私とムスコの列車を見送るという、
北海道ならではの!?家族再会ゲームです。

出没駅は、その時の状況で決めるので教えてもらえず、
どこで夫が待ち受けているのかと思うと、
私とムスコも、そう、のんびりとはしていられません。

「じゃあ、東滝川駅で待ってるから」
そういって、夫はムスメを連れて去って行きました。


090530_083.jpg
さぁ、出発です。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
振内駅跡から少しだけ北へ向かうと、
根室本線の幾寅駅(いくとらえき)があります。
それは、高倉健主演の「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台となった駅。
でも、こんなに分かりにくい駅を見たのは、初めてでした。

090530_059.jpg 090530_067.jpg
だって、駅舎に幾寅駅の名が書かれていないし!!!
「鉄道員」に登場した架空駅、「幌舞駅(ほろまいえき)」の名が
駅舎の一等地に堂々と掲げられており、
知らない人がみたら、どう見ても 、幌舞駅にしか見えないはず。

090530_061.jpg
駅前は「鉄道員」のロケセットが残っており、
映画の中で、雪景色に映えたオレンジ色の車両も飾られています。
スクリーンではキハ12として登場しましたが、キハ40を改造したそうです。
※キハとはクハとか私もよく分かっていませんが、とりあえず、キ:気動車 の ハ:普通車 です。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
すずらんのまち平取町(びらとりちょう)には、
かつて日高町と苫小牧を結んでいた富内線(とみうちせん)がありました。
その廃駅となってしまった駅のひとつ、振内駅(ふれないえき)が、
現在は振内鉄道記念館となって保存されています。

090530_036.jpg
残念ながら閉館でした。

090530_038.jpg 090530_037.jpg
扉の取っ手には、すずらんの花が。
壁には、北海道の開拓をささえた義経号が。
冬季をのぞいては年中無休のはずだったけれど、情報が古かったようで、
今では事前予約が必要なようです。
鉄道記念館として蘇った今も、もしかしたら大変な懐事情なのかもしれません。
 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
北海道の初夏を代表する花に、すずらんがあります。
日高山脈のふもとにある平取町(びらとりちょう)には、
約15haにもおよぶ野生のすずらんの群生地が広がっています。
このすずらん、一時は絶滅の危機に瀕したそうですが、10年をかけて再生し、
今では5月下旬~6月上旬の一ヶ月間だけ、野生のすずらんを鑑賞することができます。

090530_004.jpg
さぁ、ご覧あれ!
この一面に咲き乱れる、すずらんを! 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
小さい子を持つ親なら、誰でも一度は購入を検討してしまうのが、
可愛い(もしくはカッコいい)柄のバンソウコウではないでしょうか。
そんなバンソウコウは、もちろんお値段が高い!
しょっちゅう怪我をするコドモのために、そんなものは買ってられない!

でもね、それが新幹線柄なら、
ついつい財布のヒモが緩んでしまうのが我が家のつらいところ。
8枚入りで105円なり。100円ショップで購入です。


090720_01.jpg
バンソウコウに登場する新幹線は、700系。
コドモ達に人気のドクターイエローもいて、どれを貼るか悩むところ。

※ドクターイエローとは、新幹線区間において、線路の歪み具合や架線の状態、信号電流の状況等を
 検測しながら走行し、新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査する為の事業用車両である。
                                         by Wikipedia


でもね、上の商品名のところに堂々と描かれているのは、
どこをどう見間違えたとしても、まぁるい顔した500系。
表示に偽りあり!?
気になって、夜も眠れません、、、ということはないですけどね。

このどちらも、東京~博多間を走る新幹線ですが、
ラインナップに、東北を走る新幹線はないの~!?
そういう私は福岡出身で、実は、ムスコが鉄道好きになるまで、
東日本と西日本を走る新幹線のデザインが違うことを知りませんでした(汗)
新幹線は白いボディに青いラインが走るモノと信じて疑わなかった若かりし頃。
カラフルな東日本の新幹線を、初めて目にした時の衝撃といったら!


新幹線が大好きな あの方に、この記事を捧げます♪ 
テーマ * 日記 ジャンル * 日記

 

 

 

 
今日は、北海道の丸瀬布(まるせっぷ)のまちのお話。
丸瀬布とは、北海道をトランプのダイヤの形で表すと、
右上の辺の真ん中あたりに位置します。

090517_162.jpg
そこには、丸瀬布いこいの森という、
キャンプができたり、川で魚もつれたり、テニスにゴルフ、
公園遊びやゴーカートもできたりする、とても楽しい場所があります。
そんな場所へ、なぜわざわざ札幌から?

だって、SL雨宮21号が走っているから!
※雨宮21号とは、東京深川にあった雨宮製作所によって1928年に製造された蒸気機関車。
                                     by Wikipedia



090517_126.jpg
この丸瀬布、以前は木材を運ぶための森林鉄道が走っていたそうですが、
今では廃止され、この雨宮21号がいこいの森の中で元気に走り続けています。
どのくらい元気かといえば、それは北海道スケール。
公園の中のちょっとの距離を行ったり来たりする程度かと思ったら大間違い。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
そういえば、以前書いた記事を、みなさまはおぼえていらっしゃるでしょうか。
ムスコの幼稚園で、冬のニット帽を編まされたことがきっかけで、
私は昨年の冬、人生初の編み物の扉をあけることとなりました。

SL_zumen.jpg
で、北海道にいる最後の記念につくりたいと、ひいてみた図面がコレ。
色のイメージからしたら、ラベンダー畑の中を走るSLふらの・びえい号!?
(その時の記事は、コチラから)

先生が、どうやったらカッコよくつくれるか、
編み方を色々と考えてくださって、

090724_01.jpg 090724_06.jpg
ついに完成しました!!! 手乗りSL!?
オプションで、クマも乗れます。

私のような我がままな生徒を、最後まで導いてくださって、
先生、本当にありがとう!!! 

>>>Read more

テーマ * 日記 ジャンル * 日記

 

 

 

 
フェリーに乗って北海道を後にし、茨城県の大洗に到着して
私たちがむかった先は、なぜか大洗駅。
「なんで、大洗駅!?」
「そりゃ、鹿島臨海鉄道が走っとるからや!」

鹿島臨海鉄道、それは水戸から鹿島サッカースタジアム方面を
鹿島灘を臨んで走る鉄道です。(そのまんま^^)

「前にこの近くに住んどった時、
 線路は見るのに、一度も列車を見たことがなかったんや。
 そんなローカル線なら、やっぱり寄っとかなあかんやろ」

090801_25.jpg 090801_24.jpg
でも、偶然にも列車はとまっていました。
赤いボディに白のライン。その真中にしっかりと書かれたKRTの文字。
きっと、Kashima Rinkai Tetsudo。その明快さは、NHK並み!?

「ちょっと駅、見てくるわ」と車からおりていった夫。
何やら、腑に落ちない表情で戻ってきました。
「時刻表見たら、1時間に列車が2~3本も走っとるわ。全然ローカルやない」

北海道のローカル線を経験した後では、確かにローカル度は低いけれど、
その赤い列車のたたずまいは、ほのぼのとした雰囲気。
臨海鉄道っていう名前もなんだか素敵だし、
どんな車窓に出会えるのか、いつかは乗ってみたいものです。 

>>>Read more

テーマ * 旅じたく ジャンル * 旅行

 

 

 

 
翌朝は、6時に目が覚めました。
わざわざアラームをセットして起きました。
なぜこんな早い時間に起きたのか。
実は、昨晩、夫から渡された1枚のメモが、その理由。
「俺は明日、仕事場にちょっと顔だしてくるから、かわりに見といて」

そのメモの内容とは、

   「 はまなす 0607
     カシオペア 0932
     トワイライトエクスプレス 0952
     北斗星 1115 」

さぁ、この暗号のようなものは、一体何!?
実は、札幌駅に寝台列車が到着する時間。
つまり、この時間に窓の外を見ろという司令。
「はまなす見たいから、おかあさん、6時に起こしてね!」
というわけで、まだ眠い目をこすりつつ、カーテンをあけます。

さすが、世界を誇る正確な時刻表文化、日本。
はまなすは、ちゃんとホームにいらっしゃいました!

090731_03.jpg
おはようございます。
青森~札幌間、お疲れ様です。
手稲(ていね)の車庫で、ゆっくりおやすみくださいませ。 

>>>Read more

テーマ * 旅じたく ジャンル * 旅行

 

 

 

 
さて、久しぶりの更新で、何から書けばよいものやら。
ちょっぴり悩みましたが、やはり、この記事からでしょう。

北海道を去る最後の夜に過ごした、JR札幌駅のトレインビューのホテル。
そのお部屋からの眺めを、まずはみなさまとご一緒に。

それは、「北海道の端っこの駅を制覇して、箸をもらおう」企画に参加し、
JR北海道よりプレゼントされた宿泊券。
さて、そのトレインビューとはいかなるものか。
ホテルにチェックインして、さっそく窓からのぞいてみました。

090730_18.jpg 090730_17.jpg
「あ!北斗星だ!!!」
いきなり、スター列車の登場にびっくり。
北斗星とは、上野~札幌間を結ぶ寝台列車。
その客車は、夜が溶け込んだような青色で、
北海道を走っている時は、青いディーゼル機関車が牽引し、
おまけに、ヘッドマークやテールマークも青いので、まさにブルートレイン!
本当に真っ青なラインが、目の前を優雅に流れていきました。 

>>>Read more

テーマ * 旅じたく ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090809_10.jpg
こんにちは。
すっかりご無沙汰しています。chibiromanです。

前回の更新より、バタバタな日々をおくっています。
さて、この間、一体私は何をしていたのかというと…

 1. 青函トンネルの中にある竜飛海底駅を見に行っていた。
 2. そのついでに、みちのくをうろついていた。
 3. 旅から戻り、引越しの準備をしていた。
 4. フェリーに乗って、いざ北海道から東京へ!
 5. とりあえずエアコンを購入し、新しい住処につけてみた。 

>>>Read more

テーマ * 日記 ジャンル * 日記

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2009 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。