鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
いつかの記事でもふれましたが、
我が家の北海道生活も残すところ、あとわずかとなりました。
というわけで、心残りのないよう、引越し前に最後の鉄旅にいってきます!!!
目指すは、あの海底駅


090720_03.jpg
家族4人分の切符をならべてみたら、美しいグラス型になりました!?
旅から戻ったら、一日おいて、翌朝が引っ越しとなりますので、
しばらくの間、更新をおやすみさせていただきます。

む~っ。この記事を書く前に、北海道での記事を書き終われなかった;;
なので、北海道を去ったくせに、
まだまだ北海道情報満載の!?のブログになっていると思います。

再開は盆明けくらいを予定していますが、
どうなるか、まだよく分かりません。
ということで、こんなブログにも興味をもっていただける殊勝な方は、
忘れたころにやってきていただけると、更新されているかも!?


それでは、皆様、
しばらくの間、ごきげんよう!!! 
スポンサーサイト
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
旧白滝駅と下白滝駅の途中で見つけた看板には、こう記されていました。
「この先は汽車が通っており、大変危険ですので柵をのり越えたり、
 あき缶、ゴミ等を投げたりしないようにお願いいたします 白滝村」


この先は汽車が通っているって、まさか…。


090517_099.jpg
この先は汽車が通っているって、まさかまさか…。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090517_109.jpg
さぁ、こちらに見えますのが下白滝駅。
白紙に近い時刻表で全国的に有名な、白滝シリーズの駅のひとつです。

090517_110.jpg 090517_111.jpg
ここは列車の窓から外を眺めていた時、草むらだと思っていたところが、
いきなりホームになって、のけぞってしまった駅です。
草だけでなく、木まで生えちゃっているような気がするんですが。
これは植樹!?雑草ではなくて、花壇!? 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090517_088.jpg
ここが噂の!?旧白滝駅。
とまる列車の本数が少ないことで、
全国的に有名な白滝シリーズの駅のひとつです。

でも、旧白滝という名前は、ちょっと紛らわしいというか。。。
てっきり、駅跡なのかと思っちゃいました。
でも、全然、ちがいました。名前に「旧」がついても、しっかり稼働中。
一日に列車が、4本もとまっちゃいます。
上白滝駅は2本だったので、その倍もとまります。
そのわりに、駅舎がぐんと小さくなってしまいましたが。。。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
さて、今からは白滝シリーズの駅めぐりのはじまり。
白滝シリーズとは、「白滝」という名のつく
「下白滝(しもしらたき)」「旧白滝(きゅうしらたき)」
「白滝(しらたき)」「上白滝(かみしらたき)」という4つの駅のこと。
何やら、全国から鉄道ファンが訪れるほどスゴイ駅なのだそうな。

「そんな駅に、列車を使わず、車でいこうとしてるあたりが
 邪道ちゅうか、鉄道ファンの人に申し訳ないちゅうか、
 ずーっと心にひっかかってるんやけどな」
「じゃあ、列車でくればよかったやん」
「列車で来たら、今日中に帰れんのや!」

つまり、それほどこの白滝シリーズの駅は、
鉄道ファンを困らすほどの(うならせるほどの!?)
風通しのよい時刻表なのだとか。

090517_064.jpg
「ま、そういうことで、この白滝駅はフツウやな。
 なんてったって、特急がとまるから」
でも、私からしてみれば、決してフツウではありません。
だって、特急がとまる駅なのに、こんなに素敵な三角屋根の駅舎なのに、
一日にとまる列車の本数を数えてみると、上下線あわせて11本。
2時間に1本、とまればいいような、なかなか油断大敵な駅なのです。


さぁ、まずは上白滝駅の探険から。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
遠軽駅を出発すると、どの駅で夫やムスメが出没するかなんて
もう、どうでもよくなってきました。(飽きっぽくてスミマセン)

090517_047.jpg 090517_048.jpg
だって、とっても素敵な車窓。

090517_052.jpg 090517_053.jpg
SLと昆虫のまち、丸瀬布(まるせっぷ)駅では、特急オホーツクとのすれ違い待ち。
ここでこそ、出没してくれてよさそうなものの、ホームに夫たちの姿は見えず。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090517_024.jpg 090517_025.jpg
列車は、留辺蘂(るべしべ)駅を出発しました。
一両編成のお客さんの少ない列車なのに、驚きの乗務員の数。
なんだか、とっても安心です!?

さて、夫はどこの駅で、私たちを乗せた列車を待ち伏せするつもりなのでしょう。
聞いても、ちっとも教えてくれないもどかしさ。
「だって、俺も時刻表と車の流れで判断するから、分からん」

車窓を見ながらのんびり過ごせるはずなのに、
おかげで駅につくたび、ドキドキの旅。

ふと、車内の電光掲示板を見ると、
次の停車駅が、昨日見に行った「金華駅」。
これって、もしかして!!! 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090517_003.jpg
翌朝、私たちは留辺蘂駅(るべしべえき)にいました。
駅舎に堂々とかかれてあるのは、女心をくすずる言葉。
「すごいよ!音根湯温泉郷だって!
 ポン湯1km、おんね湯10km、滝の湯18km!!!」
「でもまぁ、生野駅や金華駅と比べると、普通やな」

何で、ガッカリしているのー!?
ここは、ふたつの駅にはなかったトイレだって自販機だってあるし、
おまけに温泉近くという嬉しい駅なのですが。

「じゃあ、白滝駅で待ってるから」
夫はそういって、ムスメを車に乗せ、私とムスコを駅に残して去って行きました。
一体、どこへ行くのでしょう。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090516_142.jpg
生野駅から少しだけ車を走らせると、金華駅(かねはなえき)に到着しました。
年月の経過を感じさせる駅舎。
でも、それよりも何よりも、駅周辺に廃屋が多くて
本当に人が利用しているのか疑わしいような、とても寂しい雰囲気。

「でも、駅舎もちゃんとあるし、生野駅より駅っぽいよね!?」
比較対象として決してふさわしくありませんが、
シンプルを極めた生野駅を見たあとでは、感想もうまくいえず。

「まぁ、生野駅といい、金華駅といい、何がすごいかって、
 あのSL常紋号が走るんや!」
「何、それ」
「常紋峠を超えるSLやんか! 3重連やんか! 33年ぶりやんか!!!」 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090516_140.jpg
その駅は、緑の大地の真ん中にポツンとたたずんでいました。
JR石北本線、生野駅。駅舎もない、屋根もない、あるのは、ただホームと駅看板だけ。
(あ、時刻表と、円柱のような簡易ベンチ!?もあったかな)

駅を見に行くために、はるばる車を走らせた夫。
わざわざ見に行くほどのすごい駅とは、いったいどんな駅なのか、、、
今までめぐってきた北海道の終着駅や美しい美瑛駅を思いうかべていた私には
とても衝撃の駅でした。

この駅をみつけて「あった!」と夫がハンドルを切った時でさえ、
私には何があったのか、すぐには理解できず。
近づいてみると、確かに駅はありました。
でも、ホームなんて、デッキのような薄っぺらさ。
遠くからだと、よく分かりません。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
しずない桜まつりで「北国の春満喫計画」が失敗に終わり、
私たちは、次なるターゲットにのぞみをたくします。
それは、北海道滝上公園芝桜。
5月上旬から6月上旬にかけて、この公園が一面のピンクに染まります。

090516_041.jpg
ほら、すごいでしょ。

090516_024.jpg
「みかん箱一杯」の芝ざくらの苗からはじまり、
今では10万平方メートルの大群落になったそうです。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090510_053.jpg
しずない桜まつりを楽しんで、
龍雲閣まで往復14キロの道のりを歩いてへロヘロになった後、
せっかくだから、終着駅の様似まで行ってこようと提案する夫。

いくら日高線が風光明媚だからといって、
静内駅から様似駅まで、片道で1時間半もかかるのに
様似駅を見るためだけに、さすがに行く気になれません。
おとなしく、お家に帰りませんか?

「だってさ、桜も散っとったし、あとは列車に乗りまくるしかないやろ」

お互いの妥協点を追及した結果、静内と様似の中間にある本桐駅までいくことに。
一体、何しに、本桐駅にいくのでしょう。
よく分からないまま、本桐駅到着。屋根も何もない、本当に狭いホーム。
すると、意外にも私たちと一緒におりるお客さんたちが。

本桐駅に、何があるのー!? 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
桜をもとめて、札幌からはるばるやってきた、しずない桜まつり。
その日は桜まつりの初日だというのに、
残念ながら、ほとんどの桜が散っていたという悲劇。
運営サイドもとても困った様子。

090510_084.jpg
かろうじて残っている桜を愛でながら、
琴と尺八の音色に耳を傾け、やっぱりここでも妄想を楽しみましょう。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
今日は少しだけ季節をもどり、
GWの九州南下の旅からもどったの頃のお話です。

札幌を発つ時、桜は少しだけ咲いていました。
南下してみると、当たり前ですが、桜はすっかり散っていました。
そして、GWが終わって札幌に戻ってみると、桜がない!

しまったっ! 北国の春を見逃してしまったっ!!!
ということで、私たちは桜を求めて旅に出ました。
目指すは、しずない桜まつり。
風光明媚な日高本線にのって、出発です。

090510_008.jpg 090510_013.jpg
それにしても、なんてキモチのいい日なのでしょう。
窓からすぐ手の届きそうな場所に広がる太平洋。
気持ち良さそうに草を食べている、おうまさん。
潮の香りを感じながら、2両編成の列車でいく、のんびりローカル線の旅。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
7月18日(土)より、Camera Peopleのイベント「みんなのコドモ展」が始まります。

「オトナになるキミへ」をテーマに作成された50冊の「コドモBUNKO」
の中の1冊、「ことばかぷせる」にて、私も参加させていただいています。
鉄道が大好きなムスコの絵を素材にして、根性(!?)で綴った一品です。

7月18日(土)の北海道からスタートし、
9月13日(日) までの期間、下記都市にて順次展示していくそうなので、
会場がお近くの方は、よければのぞいてみてくださいませ。 

>>>Read more

テーマ * 日記 ジャンル * 日記

 

 

 

 
今日は、私が最近、頑張っているもののご紹介。

SL_zumen.jpg
実は先日、なんとSLの図面をひいてみました!?
動輪が3つだから、C型でしょうか。
(SLなどについているプレートの最初の記号は、
 B→2 C→3 D→4というように、動輪の数をあらわすそうです)

…というのは、どうでもいいのですが、コレ、なんだと思います?
毛糸で編みぐるみをつくろうと思って、考えてみたのでした。
(糸で縫う「ぬいぐるみ」じゃなくて、毛糸で編む「編みぐるみ」)

なぁんて書くと、私、編み物が得意みたいに見えちゃうかもしれませんが、
実はぜんぜん違って、初心者もいいところ。
編み物ができるって、なんだかステキ! …と思いつつ、はや○十年。
大好きなあの人に手編みのマフラーを!なぁんて思ったことはなく、
私の人生、編み物をするきっかけがありませんでした。

なのに! それは突然に訪れました。
ムスコの幼稚園、冬になったら、冬用のニット帽を手編みしろ、と。
編めない人は、お金を払えばつくってあげますよ、と註釈つき。

なんですか!その挑戦状!!! 

>>>Read more

テーマ * 育児日記 ジャンル * 育児

 

 

 

 
列車は、旭川駅へと向かっています。
行きの列車と同様、帰りの列車も夫やムスコとは席が離れていたのですが、
なぜか行きで相席した、あの少年とはすぐ近く。
というわけで、鉄道に関する色々なお話を聞くことができました。
私はただ、「へぇ~」「へぇ~」とうなずくばかり。

そして、ふと思います。
なんなんだ! このマニアックな会話!?(笑)
こんな会話になんとかついていけるよう、
私もここ一年でちょっぴり成長したものです!?


私「この前の湿原号には、乗りました?」
少「あぁ、乗りました! 24日と25日ですか?」
私「あぁ、残念ながら、普通の日に乗っちゃいました」-----(A)

少「今度の常紋号は乗りますか?」
私「あぁ、乗りたいんですけど、10時打ちがダメだったんです」
少「峠の3重連が人気だから、キャンセルがなかなかでないんですよね」-----(B) 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
ノロッコ号にのって、美瑛からSLの発車駅である富良野へと向かいます。
美瑛~富良野間を走るのは、朝から3度目。
せっかく行ったり来たりしているから、途中のおもしろい駅のご紹介。

090606_144.jpg 090606_145.jpg
それは、「ラベンダー畑駅」。
富良野・美瑛ノロッコ号が運行中の、6月から10月の間だけ出現する幻の駅。
(幻のわりに、4か月もありますが^^)
つくりは、いかにも「仮設!」といいうつくりなのに、
駅看板だけは、青空にラベンダー畑が広がって、どの駅よりもゴージャスです。
ちゃんと「F41」という駅番号が書いてあるところも、感動!? 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
富良野駅でSLをおりた私たち。
さぁ、観光だ!と思って改札を出ようとしたら、夫がいいます。
「このまま、美瑛にもどる!」
「なんで!?」
「観光バスを予約してるんやけど、それ、美瑛発やから」

美瑛でおりればいいものを、わざわざ富良野まできてUターン。
でも、しょうがないですよね。
だって、せっかくのったSLを途中でおりるなんて、SLに失礼ですから!?

「フリー切符やから、今日は乗り放題やで!
 今、のってきた列車にもう一回のってもいいし、そこにとまってる普通列車でもいいし」

今回、使用した切符は「ふらの・びえいフリー切符」。
富良野・美瑛ノロッコ号の自由席や、特急・普通列車の自由席が乗り放題!
いや、乗り放題といわれても、
今おりたばかりの列車に、もう一度乗りたくはありません。
「…じゃあ、気分をかえて、普通列車で」


090606_074.jpg 090606_082.jpg
というわけで、普通列車にのって、美瑛駅へ!
美瑛駅は、全国駅100選にも選ばれた、美瑛軟石を使った美しい駅舎。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090606_058.jpg
SL函館大沼号に乗っていた時の少年と再会を果たし、
楽しくおしゃべりしながら、列車はお花畑を目指します。


でも…


090606_055.jpg
ない! お花畑がどこにもない!!! 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090606_031a.jpg 090606_030.jpg
このSLふらの・びえい号の客車には、
4人掛けのボックスシートがずらりと並ぶ自由席の客車と、
3人掛けの座席&窓向きのベンチシートがある指定席の客車があります。

どうしても指定席がとりたかったので、今回は家族で一緒に座らず、
夫とムスコ、私とムスメというペアで、しばらくの間、離れ離れとなります。

でも、乗れるだけでありがたいと思わなくっちゃ。
このSLふらの・びえい号の切符も、トワイライトエクスプレスの時と同様、
「10時打ち」を乗り越えて、やっと獲得できた切符なのだから! 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2009 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。