鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
って、いきなりタイから日本に引き戻されるタイトルですね。

今日もバンコクは爽やかな青空。そして、デンシャで素敵な出会いがありました。
なぁんて大げさに書いてしまいましたが、
ただコドモ達に席をゆずってもらっただけなんですけどねー。
でも、この譲り方が、コチラ、半端なくスムーズ!!!
デンシャに乗った途端、すぐに何人かが席をたち、どうぞどうぞ状態。
気負うことなく、それが当たり前かのように、素早く、すがすがしく。

もちろん日本でも、そんな親切にたくさん出会いました。
それはやっぱり自分にコドモができてから。
妊娠時代、赤ちゃんを抱っこしていたら、小さい子の手をひいていたら、
みなさん、すぐに席をゆずってくださるから、私も決意をあらたにしたものです。
「私もちゃんと席を譲ろう!」
それまでだって、もちろん席を譲っていたけれど、
遠慮されると無理強いするのもいやだし、小さな親切大きなお世話な時もありますよね。
だから、あなたのために…という雰囲気をにおわせずに、さりげなく移動したりとか。
日本の若い人は結構、このシャイ系!?譲り方が多いような気もします。
だから、お礼をいうタイミングを逃して、心の中で「すみません」とつぶやくような。

でも、コチラ、席にすわっている人がこぞって譲ろうという雰囲気。
そして、真正面から「どうぞどうぞ!」。オプションは満面の笑顔つき。
さすがに小1息子、お前はもう席を譲るお年頃だろうと思うから
むしろ遠慮したい気もするのだけれど、そんな微妙なタイ語は話せるわけもなく
このシチュエーションでの唯一の正解回答は
笑顔で「コップンカー!(ありがとう)」以外にないだろうと思い、
いつもデンシャにのると、素敵なお気遣いを全身全霊で浴びまくっています。

そんな生活をおくっていると、思いだしますねぇ、有川浩さんの小説「阪急電車」。
本を読んで号泣し、映画を見に行ってやっぱり涙し…
いや、そんな悲しい話ではないんですよ。
私も今まで、たくさんの素敵な人に支えてもらったなぁと思うと胸が熱くなるというか…
それは、車内で偶然乗り合わせた人々の出会いが織りなす奇跡の物語。
久しぶりに読み返したいなぁ…って、船便に入っているので、まだ無理なんですけどね。

ということで今日は、まだ届かぬ段ボール箱に想いをはせて。
奇跡も何も起こらなかったけれど、「阪急電車」に感動して、
阪急電車に会いに行った、我が家の15分間の旅のキロク。

110619_06.jpg
物語の舞台となるのは今津線。
西宮北口から宝塚までを走る片道15分の阪急電車。

110619_08.jpg
恋人の浮気に心がどろどろだったヒロイン。
その心模様を偶然出会ったおばあさまに見透かされ、
気分転換におりてみたらとすすめられたのが、この小林駅。 

>>>Read more

スポンサーサイト
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
101231_34.jpg
嵐電につづき、次に向かったのは叡電。

雪はちっともやむ気配がないけれど、私たちは怖くない!
だって、北海道への旅支度をしていたから、スキーウェアに雪靴という
京のまちに似合わない万全の装備で移動する家族連れ。

101231_38.jpg
ただ、さすがにホームの雪はびちゃびちゃで翌朝が不安な路面凍結。

まぁ実際、翌朝、本当に転んじゃったんですけどね(涙)
久しぶりに転んで、あまりのお尻の痛さに驚いたのなんの。
雪靴といえど、つるんつるんの路面はさすがに歯が立たず、
想いだすのは北海道に住んでいた、あの頃。
道が凍りそうな時には、いつの間にか路面凍結用の砂利が巻かれていて、
滑ることなく歩けていたなぁ。

当たり前だけど、雪に強い雪国。
その生活をかげで支えてくれる人々への感謝。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
この冬は、トワイライトに乗って北海道を目指すことにした我が家。

友人に聞かれました。
「トワイライトエクスプレスって、東京から乗れるの?」
「んや、始発が大阪でそこから日本海側を走るから、東京は通らんよー」
「んじゃ、どこから乗るの?」
「大阪から」
「え!?北海道行くのに、わざわざ大阪行くの!?」
「うん。まぁ、夫の実家が京都だから、少し寄ってくし」
「あ、そかそか。そういうことね」

いえ、決してそういうことでは、ありませぬ。
夫の実家がなくても、大阪まで行きますから!
だって、「最初から乗らな、寝台列車に失礼やろ!」by 夫

昨年は、サンライズに乗って帰省するといいつつも、
切符がとれなかったため、北上する寝台列車に乗ってしまったことを
お義母さんに「サンライズの切符がとれなかったので帰れなくなりました」と
お詫びしたら、「いいよいいよ、北海道楽しんでなー」と優しくいわれたけれど、
絶対心の中では、「新幹線があるだろう!」と突っ込んでいたに違いない。

でも、この冬はトワイライトの切符がとれたので帰りましたわよ!
お義母さん、こんなムスコ夫婦、いやですよね!?(汗)
「大丈夫よ。アノ子(夫のこと)、昔から西村京太郎好きだったから」

なるほど。夫の時刻表好きのルーツは、西村京太郎だったのか!
私たちを温かくみまもってくださるお義母さん、大好きです。


で!
せっかく帰省したことだし、その後は北海道旅が控えていることだし
京都の実家でのんびりするはずだったのだけれど、一大事な出来事が。

それは、大雪。
夫にとって、京都の中心部で雪が積もるほど降るのは大事件らしく。
「京の雪景色を見に行かなあかん!
 絶対、今日の夕方ニュースのトップは、雪の金閣寺やで!!!」


101231_06.jpg
でも向かった先は、嵐電、北野白梅町駅。
あまりにも美しすぎる駅名、北野天満宮すぐ側。

「金閣寺見にいくんじゃないの!?」
「あんな人が混んでるところ、行けるか。
 今日は雪やから浮かれて、みんな見に来るでー」

なので、コチラだって珍しいはず!?雪の嵐電。

101231_29.jpg
桜並木の雪景色は、もしかすると春に見るそれよりも、儚く清く厳かで…
といっても、まだ一度も!桜の季節に通ったことはないけれど。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
大阪の夜を楽しみ、この修行の旅もいよいよ大詰めとなりました。
(って、やっぱり大して修行していないけれど…汗)
さぁ、比叡山へ!

100814_03.jpg
行きは滋賀側から攻めてみましょうか。
日本一長いといわれる、比叡山の坂本ケーブル、2025m。
その車両の名前は「縁」号と「福」号。おまいりする私たちに
よいご「縁」と幸「福」が訪れますようにという願いがこめられているらしく。

100814_05.jpg
だからなのか、その切符までもが何だかありがたいような。
実はその書、天台宗の253代座主、山田恵諦さんによるもので、しっかりとした硬券。
比叡山に行った記念というよりも、何だかお守のような切符です。

100814_06.jpg 100814_17.jpg
さて、この坂本ケーブルには、途中、事前に申告しなければ
おりられない秘境!?駅がふたつあります。そのひとつが、この「ほうらい丘駅」。
この先にある、ハイキングコース併設の「もたて山駅」に車両が停車した際、
対抗するケーブルカーがちょうどとまる位置らしく、
ケーブルカー建設時に発掘された石仏を奉納するためにつくられた霊窟の石仏が
すぐそばにまつられていました。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
100811_139.jpg
和歌山駅でいちご電車とお別れし、向かったのは南海電鉄の浜寺公園駅。
東京駅や日本銀行を手掛けた辰野金吾さん所属事務所の設計によるものらしく、
ここは国の登録文化財であるとともに、「近畿の駅百選」や
「堺市景観賞(まち部門)」にも選ばれたりもしたという、本当に趣ある駅舎でした。

100811_138.jpg
建造から100年ということですが、塗装し直されたのかとても美しく
旧待合室を改造したギャラリーで、その日は「木のおもちゃ展」が開催されていました。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。