鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
特急すずらんに乗り、あとはお家に帰るだけ
札幌まであと一息の南千歳駅に、列車が到着した時でした。
夫が突然、「おりるぞ!」と荷物をまとめはじめます。
私も子どもたちを連れ、あわてて夫の後へ。

「これにのる」
私たちは訳も分からず、ホームの反対側に止まっていた電車にのるはめに。
「あれ? このまま札幌に行くんじゃなかったの?」
「いや、丁度、新千歳空港行きの電車がとまってたから、運命だと思ってさ」

何が運命だ。
つまり、新千歳空港は終着駅だから、今からそこにいって写真をとるのだという。
この疲れた体にむちうって、再び、フォトラリー。
こんな企画をたてた、JR北海道への恨みがつのります。 

>>>Read more

スポンサーサイト
テーマ * 北海道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090111_66.jpg
えりも岬をしっかりと目に焼きつけ、私たちはバス停へと戻りました。
そのバス待合所の可愛らしいことといったら!
三角屋根で、小さなお城みたい。
確かに、吹きっさらしだと、行き倒れそうな寒さ。
建物の中で風をよけれるだけでもありがたや。

待合所、万歳!


090111_67.jpg
そして、そこにはこんな注意書きがありました。
「戸を閉めてください。
 戸が開いたままだと、強風のときにバス待合所が壊れる場合があります」

”壊れる”って、一体何!?
北国といっても、札幌ではこんなバス停を見たことがありません。
札幌の北国度は、まだまだ大したことないなと痛感します。

そして、よく見ると、もうひとつの注意書きが。
「ここはバス停ではありませんので、バスはとまりません」
つまり、時間になったら、きちんとバス停でバスを待ってないといけないということ。
バスの到着時間近くになったら、夫を見張り番としてバス停に向かわせ、
私と子供たちは、待合所で暖をとるのでした。 

>>>Read more

テーマ * 北海道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
さぁ、一つ目の終着駅、様似も無事、制覇できました。
「今からどうするの?」
「えりも岬に行く!」

えりも岬とは、北海道をひし形で表した時の本当に南端。
私たちは、バスに乗り換え、えりも岬へと向かいます。

090111_68.jpg
アップダウンの激しい行程。
再び、モノトーンの空と海を眺めながら、
バスに揺られること1時間、ようやく岬に到着。

バスから降りた途端、あまりの強風にのけぞりました。
顔が痛い!毛糸の帽子を深くかぶり、フードをかぶります。
こんな季節にえりも岬に来る観光客なんていないのか、
バスからおりたのは、もう一組のカップルだけでした。 

>>>Read more

テーマ * 北海道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090111_02.jpg
千歳駅のホームでしばらく待っていると、
札幌駅で、乗り損ねた列車やってがきました。
あぁ、これに乗れば、朝の失敗のすべてが帳消しになるのね。

「まぁ、最初はのりかえなしの普通列車がいいかと思ったけど、
 特急で追い抜くっちゅうあたり、今回の乗り方の方が
 出発時間ものんびりやし、列車にもいっぱい乗れてスマートやな」
子供連れで荷物も多いから、乗り換えはないに越したことはないけれど、
それをスマートというのかどうか。

苫小牧駅で、列車を乗り換え、
終着駅の様似目指して出発です。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
ちょっとした思いつきから、我が家はこの冬、
北海道の終着駅をすべて制覇するという偉業!?を成し遂げました。
「北海道の端っこの駅を制覇して、箸をもらおう!」企画、by JR北海道。
(詳細は、コチラから)

箸のため、さらにはもっと崇高なる目的のため、
凍えと飢えに負けることなく、終着駅を目指し続けた旅の記録を
綴っていきたいとおもいますので、よければごらんくださいませ。


(2009年1月)

北海道の終着駅の旅、第一弾に選ばれたのは様似駅
北海道をひし形で表した時の、一番、南端の駅です。

「明日の朝、5時半出発やから、用意しといて」
前日の夜に突然くだる、夫からの司令。
でも、こういう状況には、慣れています。
子供たちに外出用の格好をさせたまま寝かせ、目ざましをセット。
夫も、自身の携帯電話で目ざましをかけ、準備は万端。
さぁ、明日はちょっと早めに起きて、おにぎりでもつくろうかしら。

でも、翌朝、目覚めてみると、朝6時。
「ねぇ、6時なんやけど」
「6時って、朝の6時!?」 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。