鉄旅を愛する家族の ちょっぴりハードな旅のキロクをバンコクから
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
鹿騒動のせいで、
到着予定の18時17分を大幅に遅れて、私たちは釧路に到着。
もう、お腹もぺっこぺこ。

「釧路といえば、鉄板焼きだから」
「なんで?」
「知らん。どっかで聞いた」
やはり、釧路港でとった海の幸を、すぐに焼いて食べるからでしょうか。
夫に連れられて、お店に入ります。

090207_64.jpg
テーブルの上の鉄板で、新鮮な魚介類やお肉を焼いて
どれもとても美味。でも、一番の驚きは、何といっても生牡蠣。 

>>>Read more

スポンサーサイト
テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090207_48.jpg
私たちは釧路へと向かっていました。
西の空が茜色にそまり、今日は車窓からの夕陽が楽しめそうです。

その時でした。
列車が何度か警笛を鳴らし、突然、とまります。
「ただ今、鹿をはねましたので、車両の点検を行います。
 しばらくお待ちください」

え!? 鹿はねちゃったの!? 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
090207_26.jpg
無事、根室駅にも到着したということで、
そこから私たちは、バスで納沙布岬へと向かいます。
天候にも恵まれ、その海の彼方に
歯舞群島とはるか彼方の国後島がうっすらと見えます。

初めて目にする千島列島。
「返せ!千島」などの看板を見ると、
普段、あまり考えずに過ごしているけれど、
解決していない国家間の問題は、まだまだいっぱいあるんだなと改めて実感します。


090207_33.jpg
そこには、海に面して、北方領土の返還を祈念するために作られた
「きぼうの鐘」というモニュメントが。

どんな音色がするのかと一瞬、興味をひかれたけれど、
気軽に鳴らしてはいけないような荘厳な雰囲気が、そこにはありました。
と、思ったら、ムスコが駆けて行って鳴らしまくり。
優しく切ない響きが、一瞬にして台無しです。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
釧路駅からは、根室行きの快速に乗り継ぎます。
その名は、快速ノサップ。その響きとはうらはらに、なぜか一両編成。
再び、ほのぼのローカル列車。

でも、最近想います。この、ほのぼのローカル列車が、スゴイ!
運転席のとなりの窓から、なんと運転手さながらの車窓が楽しめちゃうのです。
そういえば、今までよく乗っていた他の電車はどうだったでしょう。
目的地につく手段としてしか考えていなかったので、
そんなもの、見ようとしたこともありませんでした。

でも、こんなローカルな場所で、
時にはトンネルや鉄橋をくぐり、北海道の雄大な平野や山間の中を
線路がどこまでも続いていくさまを、運転手さんの視線で体験できるのは、
本当にワクワクします。


090207_19.jpg
でも、自分一人で楽しむにはちょっと恥ずかしいので、
子供をダシにするのがポイント。

幸いムスコもムスメも、この車窓を楽しむのが好きなので、
窓に張り付いて、ずっと眺めています。
その子供たちにつきあう保護者という設定で、私も一緒に楽しんでみたり。 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
(2009年2月)

北海道の終着駅を極めるツアー、5つめの駅に選ばれたのは根室駅。
でも、今回の旅はいつもと違います。
だって、2泊3日だから!ちゃんと観光するから!

終着駅の旅も、やっと旅行らしくなってきました。
ただ、駅に行くだけで、それを旅とはいいたくない。
ちゃんと改札を通って、その土地の名所を見て回り、美味しいものを食べてはじめて、
その場所に「行ったことあるよ!」と、いいたい。

「この前の週末はどこかに行った?」
「うん、新十津川と夕張にね」
「へぇ、新十津川っていったら、白鳥だっけ?」
「うん、でもまだ時期じゃなかった」
「そっか、残念だったね。じゃあ、夕張ではメロンとか食べたの?」
「いや、夕張駅のホームにいっただけだから」
「…」

友達に、先日の旅行のことを話すと、たいていここで、話がとまります。
驚いた様子で「何しにいったの!?」と聞かれ、
JR北海道企画の終着駅フォトラリーの話をしなければなりません。
そして、実は日帰りだったから、
新十津川と夕張に行ったというより、新十津川駅と夕張駅にしかいっていないという、
なんだか寂しい現状を語るはめに。

でも、今回は違います。
友達に「根室にいってきたんだ」と、やっと堂々といえます。
だって、改札を通るから! 

>>>Read more

テーマ * 鉄道旅行 ジャンル * 旅行

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 鉄旅家族 ~from Bangkok~, all rights reserved.
◆2012.3.11
「3.11以前」東日本大震災復興応援写真集に、私の写真も掲載いただきました。売上金の一部が寄付されます。ご興味のある方は是非どうぞ!

3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集3・11以前-美しい東北を永遠に残そう-: 東日本大震災復興応援写真集
(2012/03/06)小学館
商品詳細を見る

◆2011.8.25
夫の転勤で8月よりバンコクに住むことになりました。タイに詳しい方、色々と教えて頂けると嬉しいです♪

◆また、遊びにいらしてくださいね♪
 ↓ Click ありがとうデス…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

「3.11」 (6)
カンボジアの旅 (9)
 カンチャナブリ泰緬鉄道の旅 (6)
タイ北部 (5)
 チェンマイの旅 (5)
バンコク (6)
 BTS (2)
 MRT (1)
バンコク郊外 (10)
 メークロン鉄道の旅 (4)
 アユタヤ世界遺産の旅 (6)
バンコク雑記 (3)
バンコク妊娠記録 (8)
ベイビのコト (7)
北海道 (110)
 「鉄道の日」2008 札幌編 (5)
 SL夕張応援号の旅 (2)
 SLニセコ号の旅 (3)
 SLクリスマスin小樽の旅 (2)
 SL冬の湿原号の旅 (5)
 SL函館大沼号の旅 (7)
 SL雨宮21号の旅 (1)
 SLふらの・びえい号の旅 (6)
 SL常紋号の旅 (8)
 終着駅企画 (1)
 終着駅の旅~様似・新千歳空港~ (5)
 終着駅の旅~新十津川・夕張~ (3)
 終着駅の旅~根室~ (5)
 終着駅の旅~函館・江差・室蘭 (2)
 終着駅の旅~増毛~ (2)
 終着駅の旅~稚内~ (1)
 釧網本線の旅 (6)
 日高本線の旅 (3)
 振内駅跡・鉄道員駅の旅 (4)
 ふるさと銀河線の旅 (3)
 秘境駅の旅~生野・金華・白滝~ (10)
 秘境駅の旅~小幌~ (3)
 小さな函館本線の旅!? (2)
 W寝台にのって~2429D・東根室・茅沼・止別・北浜・白滝~ (21)
東北 (37)
 みちのくフリーきっぷの旅 (16)
 岩手の旅 (7)
 ほくほく十日町雪まつり号の旅 (2)
 秘境駅の旅~峠~ (4)
 リゾートみのりの旅 (2)
 はくつる号の旅 (6)
関東 (49)
 ポケモンスタンプラリー2009 (1)
 ポケモンスタンプラリー2010 (6)
 さよなら中央線 (8)
 都電荒川線の旅 (1)
 わたらせ渓谷鐡道の旅 (2)
 小湊・いすみ・銚子電鉄の旅 (6)
 SLもおか号の旅 (4)
 青梅鉄道公園 (1)
 南房総水仙まつり号の旅 (2)
 箱根登山鉄道の旅 (6)
 SLみなかみ号の旅 (3)
 秘境駅の旅~土合~ (3)
 パレオエクスプレスの旅 (3)
 快速碓氷号の旅 (3)
中部 (40)
 ビューやまなしの旅 (1)
 上信電鉄&小海線の旅 (4)
 北陸の旅 (8)
 上越駅めぐり~美佐島・姨捨・筒石~ (7)
 富士山巡りの旅  (4)
 SLばんえつ物語の旅 (4)
 きらきらうえつの旅 (3)
 トーマスランド号の旅 (2)
 飯田線秘境駅号の旅 (4)
 富士山登頂と河口湖周遊の旅 (3)
近畿 (9)
 高野・貴志川線・比叡の旅 (6)
 雪の嵐電・叡電の旅 (2)
 阪急電車の旅 (1)
四国 (12)
 四国旅 (12)
九州 (3)
 福岡旅~博多・折尾・平成筑豊鉄道~ (3)
日本縦断!? (28)
 トワイライトエクスプレスの旅 (10)
 梅小路蒸気機関車館 (2)
 SLやまぐち号の旅 (6)
 山陰本線の旅 (7)
 関門海峡周遊の旅 (3)
 カシオペアの旅 (7)
 カシオペア&北斗星の旅 (8)
引っ越します! (5)
 北海道から東京へ (3)
 東京からタイへ (2)
 想い出のきっぷ達 (2)
 チケット争奪戦 (4)
 ブログの旅 (4)
 スイ~ツな鉄道!? (16)
 みんなの鉄道作品集!? (12)
 日常 (20)
 お知らせ (9)
 はじめまして (1)
 未分類 (3)

万梨

Author:万梨
バンコクで暮らし始めました。
夫につれられ、小2の息子と5才の娘と一緒に、休みの日には列車の旅へ!記事の鮮度が、ちょっぴり(かなり!?)低めな私ですが、よければ少しだけおつきあいくださいませ♪

2012年6月に第3子を妊娠8ヶ月目に臍帯過捻転にて死産。ベイビのコトもちらほらと綴っています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。